カテゴリーバナー



新潟県 魚沼から福島県 会津へ抜ける奥只見シルバーライン・樹海ライン』は、東日本有数の“大冒険ムード満載”のドライブコースです。

長い長い、掘りっ放しのトンネル! 外に出れば 片側が崖になっているワインディングロード!  突然視界にイヌワシが飛び込んできたこともありました!

まさに『!』がいくつあっても足りない大冒険コースです。



【奥只見シルバーラインと樹海ライン、恐ろしくも美しいドライブコース 】












まず関越自動車道 小出ICからまだまだのどかな田舎道の顔をした『樹海ライン』に入り、そこから一気に超辛口な『奥只見シルバーライン』に入ります。

奥只見シルバーラインの名前の由来や道路が出来た経緯などはネットで調べていただくとして(♪)、なによりもこの道はほとんどが“掘りっぱなし風味のトンネル”という、実に男らしい道なのです。

そこを走ること小一時間、途中でなんと(!)トンネル内で道が二つに分かれるのですが、まっすぐに進んでちょっと行くと、奥只見湖ダムの手前の駐車場にたどり着きます。

そこで小休止+プチ探索の後、またトンネルに入り、先ほどの“トンネル内分岐点”を今度は曲がって進むと銀山平の近くに出てきます。

そこから尾瀬・檜枝岐村方面へ向かう道は先に通った『樹海ライン』なんですが、このあたりはこれまた超辛口です。

片道1車線なので対向車が来たらかなりビビります! しかも数箇所、崖側にガードレースが無い場所もあるんです。高所恐怖症でネガティブ妄想癖のボクはその度に、脳みそがスポンジになって、そこから空気がブハァと漏れるような錯覚に陥ってしまいました。

そして結構走ると、『サンショウオ料理』でボクが注目している檜枝岐村に到着します。


【トンネルを出たらスロープカーに乗って電力館に行くのが正統スタイル】





スロープカー

駐車場で目に付いたスロープカー。別に歩いても普通に登れる斜面ですが、こういうものを見つけたら乗らないわけにはいきません。それが理系魂というものです。

奥只見電力館

スロープカーの終点からちょっと登ったところにある電力館。奥只見ダムでは25万個分の電力を作れるのだとか。しかしなにもりもこのダムの工事で犠牲になった尊い命を忘れてはなりません、絶対に。





カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。