カテゴリーバナー



殺されて醜い餓鬼として蘇った小栗判官が湯の峰温泉 『つぼ湯』で元の姿に戻った という伝説があります。

「美しい姿に復活した小栗はその後、悪人達を退治し小栗城の当主となり可憐な照手姫と結ばれた」というこの伝説を要約すれば、「醜い姿が美しくなり、地位と名誉と美女を手に入れた」ということですよね。ボクのような冴えない中年男性にとって実に魅惑的な話しなわけです。



【温泉は素晴らしい温泉旅行は本当に素晴らしい】



これが「つぼ湯」だ♪

温泉の周りには囲いがあり、予約制で入浴中は内側から鍵をかけられますので、いろいろ安心です。

温泉というのは実に良いものです。なによりも気分がリラックスできます。温泉を入った後の旅館での晩酌は更に良いものです。そして、若い女性との二人旅での温泉というのは、地球上のどんなことよりも良いものなのです。

日本は火山国なので温泉地はそれこそゴマンとあります。基本的には穴を掘ればどこでもお湯がでてきそうだし、 現に東京の新宿やお台場からも温泉が湧き出ているのです。

しかしやっぱりどうせ行くのであれば、山間のヒナビタ温泉郷ですよね。“温泉郷”の『郷』という文字が良いじゃありませんか。じゃぱ〜ん、という感じが、より一層心をトキめかせるのですよ。

ここで紹介するのは“日本最古の温泉郷”といわれる 和歌山県 熊野の湯の峰温泉郷です。上の囲みで書いた『小栗判官復活』という伝説が残る、実にいい感じにヒナビタ温泉郷なのです。

【東京からとにかく遠いのです】

しかし難点があるのです。東京から遠いのです、ものすごく遠いのです。今回、愛車を運転してきたのですが、体感距離は地球の裏側にまできた感じなのです。

東京から6時間かけて伊勢に入り、そこで1泊して、 翌日そこからさらに6時間かけてようやく湯の峰温泉郷に到着しました。

実際に運転していた時間だけでも12時間以上、あしかけ40時間かけてようやくたどり着いたのです。 恐らく、サンパウロだってそんなに遠くないはずです。しかもサンパウロに行くには自分で飛行機を操縦する必要はありませんが、今回はボクが一人で運転してきたのですから。

しかし、そんな思いをしても来た甲斐はありました。とても素晴らしいところなんです。

ここの名物 『つぼ湯』 とは、河原を掘りぬき小屋で囲っただけの温泉です。その閉鎖感も魅惑的だし、身も心も丸ごと丸ごとシットリとした気分にさせてくれる泉質です。小栗判官が生き返ったというのも頷けますねぇ。

ボクの人生においても最高の旅の一つとなりました。長距離ドライブの疲労、温泉の硫黄の匂い、素朴な旅館の料理、そして彼女のしっとりとした肌、 これ以上はここでは言えませんが。。。


伊勢近辺の風景。伊勢で一泊して明日、湯峰へと向かいます。



紀伊半島からの絶景。伊勢から既に5時間近く走っているのです。



福島まで最も美しい崖

カテゴリーメニューに戻る


「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。