【ヤマモト君の法則】

ボクの大学時代の友人にヤマモト君という男がいる。今回の話は、大学卒業して数年後、久しぶりに彼と会ったときを発端としている。

営業が強いということで有名な大手企業で、まさにバリバリの営業マンとして働いていてヤマモト君と歌舞伎町で飲んでいたのだが、当然のことながら風俗の話となった。

学生時代から男っぽい性格で、しかも現在、第一線の営業職についている彼に「そういう店には結構いくのか?」的な話を振ったところ、帰ってきた答えが意外なものだった。

「そんなことに金を使うなら、Macintoshのメモリでも買った方がましだ」

学生時代、ボクと同じアメフト部に属し、激しいブチかましで有名だった彼の口から出てきたこの台詞は妙にボクの心に響いたのだ♪

それ以来ボクはその手の店に行くたびに「あ、ヤマモトだったらこの金をパソコンのメモリに使っているんだろうなあ」と思うようになっていた。

時が経ちそんな妄想がどんどん熟成されていき、最近では、ボクがイカガワシイ(笑)行為に金を使うたびに、ヤマモト君のパソコンのメモリがどんどん増えていくというシュールなストーリーへと展開されていくのだ。

ヤマモト君とはその後、会っていないのだが、今頃、彼のパソコンはとてもつもなく高速になっていることだろう。

ヤマモト君の法則: 男の友情とは、時が経ち会えない時間が長くてもちっとも色あせないものだ。