カテゴリーバナー



デカイということはそれだけで価値があると思っています。 それはボクが幼少のころから身体がデカかったことと無関係では無いでしょう。

そんなボクが萌まくった巨大な鯛焼きを(食べたんじゃなくて)見てきました。




【デカイ人はデカイ物が大好き】




小さい頃から巨大だったボクは、幼少の頃『ジャイアントロボ』が流行っていたとき、ボクは『大作少年』ではなく 『ロボ』の真似をして「ヴァ」と言いながらドスンドスンと歩いていました。そして『タイガーマスク』を読んで以来、ヒーローはずーっとジャイアント馬場さんでだったのです。

高所恐怖症にもかかわらず高い建物も好きで、 小学生時代から『東京タワー』『霞ヶ関ビル』などに意味も無く昇っていましたし、 『サンシャイン60』の工事現場では年をごまかして働いていた程です。

更に、30歳前半までは、ドカ盛りカレーライスとか、草履みたいなステーキとかを食べるのが大好きでしたが、 おかげで強度の痛風になってしまったのは残念でなりません。そんなわけで、現在は『料理に関するデカ萌え』は押さえてきたのですが、今でもとにかく“でかいことが大好き”なわけです。

そんな中、先日この鯛焼きのことを教えてもらったので「食べるのは無理でも見るだけでも是非」と『丸子峠鯛焼き本店』へ行ってきたという次第です。

この店の鯛焼きのサイズは3種。それぞれ60センチ、26センチ、16センチです。 しかも尾ひれの形状が躍動感があってステキじゃないですか!

【デカイと、それだけで楽しい】


こんなデカイ鯛焼き(※1)ですから作り方も豪快です。巨大な『鯛型』に『タネ』を『ヒシャク』で入れ、それが固まってくると、今度は餡子を大きなコテで何回にも分けて、それこそ、 洗面器一杯ぐらいを詰め込んでいくのです。もう、凄すぎて見ているだけで笑ってしまうぐらいです♪

一匹あたり3.5キロもあるとのことですから、ひっくり返すのも一苦労。 上から板を載せて、壊さないように下の焼き型ごとヨイショっとひっくり返していました。

当然食べるときも、切ってから手に取るしかないので、不定形のグンニョリしたものを、指や口の周りを餡子まみれにしながら皆で食べるという、実に学園祭てきな楽しさを演出してくれます!

一番デカイのは要予約だったので、ボクは一番小さい『普通サイズ』を食べましたが、餡子が美味いのに驚きましたねぇ。大豆の風味が実に豊かなんですよ!

つまりこの店の鯛焼きは“サイズだけが売りのショーマンスタイル”でなく、“ストロングスタイルの上品さと実力”とを 持ち合わせているということです。まさに往年のジャイアント馬場さんのようではありませんか。



参考サイト: 丸子峠鯛焼き屋のサイト
Taiyaki pie of Maruko-Toge pass

同じ丸子にある『とろろ汁』について書いたページ(けさらんぱさらん研究所ファイル)
KesaranPasaranLab Files


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。