カテゴリーバナー



写真を見て「焼き団子」? と思うかもしれませんが、焼いている方の手の大きさと比較すれば、これは「団子」のサイズではないということが判ると思います。

大きさだけでなく、食感も団子(=モチモチ感、密度が高い)ではなく、饅頭(=フワフワ感、密度が低い)で大きく異なります。これぞ上州名物「焼き饅頭」なのです。




【1串に4個の饅頭が正統です】




焼き饅頭とは、粉とドブロクを混ぜて発酵させ、蒸してから串に刺し、味噌ダレをつけながら焼いたもので、直径6〜7cm、厚み3cmほどの“饅頭”が1串に4つ刺さっているのが基本形です。

1串に4つ刺さっている理由としては、ダルマの産地らしく本来、ダルマ状の饅頭を2つ刺して蒸していたところからきているらしいです。現在では1串3つバージョンもあるようですが、こういうことは次世代にも是非引き継いで欲しいと思いますねぇ。

実際に見ると結構大きく、「これを食べるのはツライかも」という感じですが、モチモチとした密度の高いダンゴではなく、フワフワの密度の低い饅頭なので、口に含むとスーッと溶け意外と簡単に食べられるのです。

焼きたては柔らかく口溶けも良いのですが、冷えると硬くなり、噛んだ時に「ぐんにょ〜」って感じになります。地元の“焼饅通”に言わせれば、この「ちょっと冷めて歯ごたえが増したときが美味い」とのことですが、ワタシも同感ですねぇ。

【地方によって味がかわり、具があったり無かったり】


ボクの調査では「北に行くほどタレが濃くなり、南に行くほど薄くなる」そして「東に行くほど甘くなり、西に行くほど辛くなる」ようです。

また、沼田地方では中にアンコや味噌を入れたものが主で、「味噌まんじゅう」と呼ばれています。

焼き饅頭のルーツについては諸説があり、前橋地区、沼田地区、伊勢崎地区がそれぞれ 元祖 を名乗っているようですが、ホントのところどうなんでしょう?

この『焼き饅頭のルーツ』に関しては、ボクもざっと調べたことがあります。ご興味ある方は是非、『焼き饅頭のルーツを探る』 を呼んでくださいませ。

参考サイト:群馬県民が愛する名物料理「焼きまんじゅう」の名店5選(icottoサイト)
Yaki-Manju Best 5 in Gunma Pref.

焼き饅頭のルーツを探る(けさらんぱさらん研究所ファイル)
KesaranPasaranLab Files



白海老コロッケバーガー

カテゴリーメニューに戻る


揚げてないのにフライです
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。