カテゴリーバナー



埼玉県の行田市には「フライ」と「ゼリーフライ」という、名前は似ているが全く別の郷土料理があるのです。 だったらもっと区別しやすい名前にすれば良いのにと思うでしょう?

でも、頑なに紛らわしい名称を突き通す融通の利かなさが、上杉、北條、豊臣と戦をしても決して落城しなかった忍城(おしじょう)のお膝元ぽくて良いんですよねぇ♪




【行田市ピンポイントのご当地グルメたち】




行田市内には「フライ」や「ゼリーフライ」の看板やノボリが結構目立ち、スーパーのお惣菜売り場では普通に「ゼリーフライ」を売っていますが、これらの料理を行田界隈以外で見る事はまずありません。

「フライ」から「揚げ物」を連想されるかもしれないが、「フライ」は揚げ物ではないのです。

また、ゼリーフライは「お菓子類のゼリー」と関係があるのかと思うかもしれませんが、これもまた、ゼリーフライにはゼリーは入っていないのです。


【ゼリーフライとはこんなものです】


ゼリーフライとは、一口で言えば“コロモの無いコロッケ”のようなもので、オカラに刻んだジャガイモやタマネギ、ニンジンをまぜてコロッケ状にして油で揚げ、それをウスターソースにズボっとくぐらせたものです。

名前のゼリーとは「銭」が訛ったものだそうで、その形が銭(小判)に似ているから最初『銭フライ』と呼ばれていたものが、訛ってゼリーフライになったとか。

日露戦争時、満州(中国東北部と書くべきか)で従軍していた 大澤常八さん という方が考案者らしく、戦後、彼が故郷 行田に戻ったとき、満州で食べた野菜入りのまんじゅうに似たものを作ろうと試行錯誤のうえ出来上がったのが、このゼリーフライなのでそうです。

串に刺してあるのでファーストフード感覚で食べ歩きができますので、行田に行ったらゼリーフライを片手に水城公園を散歩するのが通の道なのです。

行田市のサイトには 「フライ・ゼリーフライマップ」 というのがPDFファイルで置いてありますので、フライ・ゼリーフライ探索をするときは必ずプリントアウトして持っていくことをオススメします。


普通にスーパーの惣菜売り場で売ってます



そしてこちらがもう一つの行田グルメ『フライ』です。『フライ』についてはコチラをどうぞ!

参考サイト:フライ・ゼリーフライ(行田市 観光ガイド)
Gyoda City



揚げてないのにフライです

カテゴリーメニューに戻る


サンショウウオ料理
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。