カテゴリーバナー



古河公方を祖とする喜連川氏ゆかりのこの土地は、 江戸時代は宿場町として栄えた場所でしたが、東北本線や烏山線の駅建設を拒んだため、地域開発が遅れてしまったのです。

しかしそれが幸いして、東京からそんなに遠くない場所にもかかわらず、今でも豊かな自然が残り、鮎の産地として名高い土地なのです。




【鮎から学ぶ人生観】








香り高い鮎の風味は、まさに初夏を堪能させてくれる食材です。遠火でジックリ焼いたり、焼いた鮎を骨酒にしたり、骨まで柔らかく甘露煮にしたりと、楽しみ方も豊富で嬉しくなってしまいます。で、なんとこの地には、焼き鮎を入れたラーメンまでもあるのです。

様々な食べ方を楽しめる鮎ですが、やはり米喰う日本人にとって、炊き込みご飯を忘れるわけにはいかないです。

嬉しいことに、道の駅きつれがわでも鮎めし弁当が売られていました。ホクホクしたご飯に鮎の香りが染み渡り、これぞまさに日本人の最高の贅沢 初夏版という感じでしたねぇ。

上の囲みで書いたように、この地は明治以降、開発の波に乗り遅れた感があるのですが、それが幸いしてこんなに旨い鮎を、しかも東京からそんなに遠くない場所でいただけるのだから、運命とは解らないものです。

ボクの人生はとても「勝ち組」と呼べるようなものではないですが、開発の波に乗り遅れた喜連川に美味しい鮎が残ったように、ボクの人生にも何か良いこともあるかもしれないなぁ、なんて思いながら鮎めし弁当、鮎ラーメン、鮎の甘露煮の『鮎づくし』を味わっていました。

【日本三大美肌の湯】


またこの界隈は「日本三大美肌の湯」として知られる「喜連川温泉」でも有名な場所なのです。

道の駅きつねがわにも日帰り温泉があるので、一風呂あびてから鮎をいただく、なんて実に粋なことも楽しめてしまいます。こんなことができるのも、バツイチ独身の気楽さですねぇ。人生も町も前に進むことばかりが能じゃないってことです。



参考サイト:道の駅 きつれがわ(さくら市サイト)
Sakura City


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。