カテゴリーバナー



ソースカツ丼に関しては「早稲田のヨーロッパ軒が元祖」という説が主流ですが、ヨーロッパ軒のソースカツ丼が歴史的は一番古いものだとしても、現在全国に点在するソースカツ丼全てのルーツだというわけではないのです。

前橋「西洋亭 市」のソースカツ丼は、ヨーロッパ亭とは全く異なるルーツを持っているのです。




【モノのない時代が生んだソースカツ丼】






上毛電鉄 中央前橋駅近くの賑やかな商店街のはずれにある「西洋亭 市」は創業が大正四年の老舗の洋食屋です。

2006年末、来店したのですが、偶然ご主人の気まぐれで普段より1時間早く夜の営業を始めており、他の客がいない間、ソースカツ丼についてご主人からじっくりお話を伺うことができました。

「西洋亭 市」のソースカツ丼を創案したのは、現在の店主の祖母さんで、戦中−戦後の時期とのことです。物が無い時代であり、卵とじカツ丼を調理しようにも卵が手に入らず、なんとか別の方法でと試行錯誤した結果、現在のソースカツ丼を創作されたのだとか。

先に書いた ヨーロッパ軒(現在は福井で営業中)のソースカツ丼 はドイツ料理を日本風にアレンジしたもので、カツも複数の薄く細長い肉を用い、衣もいわゆる日本風カツ丼のそれとは違います。

一方、西洋亭 市のソースカツ丼のカツは円形に叩き伸ばした一枚の肉で、衣は日本風。これら二つのカツ丼はどちらも個性的でどちらも独立したルーツを持つ料理なのです。

【ご主人の祖母が生み出した秘伝のソース】




西洋亭 市のソースカツ丼は「キャベツが敷かれていない」「煮込んでいない」というタイプです。

他の特徴としては、和とも洋ともとれる独自のソースの味と香りでしょうか。

祖母さんが考案したソースを今も引き継いだこのソースの作りかたは門外不出で、他の料理人が厨房にいないときにご主人が一人で作っているのだそうです。

和の風味の正体を尋ねてみると、新鮮なミカンの皮や昆布など全部で12種類の秘伝の素材を使っているらしいですねぇ。祖母さんの情熱が生んだまさに奇跡のソースなのです。

西洋亭 市のソースカツ丼は右の写真のようなテイクアウトも可能です。もちろん秘伝のソースもついています♪

ソースカツ丼のルーツは一つじゃない。それを確信した一日でした。「ソースカツ丼のルーツについての考察」をまとめました。 こちらも是非読んでみてください。







ソースカツ丼のルーツについての考察(けさらんぱさらん研究所ファイル)
KesaranPasaranLab Files


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。