カテゴリーバナー



ソースカツ丼におけるボクの持論は 「日本におけるソースカツ丼の系譜は決して一本ではなく、複数のルーツが独立して存在する」というものです。

今回は、一般的に日本のソースカツ丼のルーツと言われている“大正2年に東京・早稲田に高畠増太郎氏が開いた『ヨーロッパ亭』のソースカツ丼を取り上げてみました。




【ソースカツ丼が福井県のご当地グルメになった理由】



キャベツは敷かれていません。

大正2年に東京・早稲田に高畠増太郎氏が開いた『ヨーロッパ亭』で出されていた、ドイツ料理『シュニッツェル風カツレツ』を和風アレンジしたものが、この『福井流ソースカツ丼』の源流です。

日本のソースカツ丼のルーツは一本ではない、というのがボクの持論ですが、それでもこの『ヨーロッパ亭』のソースカツ丼が、どうやら日本最古であるようです。

その『ヨーロッパ亭』が関東大震災で被災し、高畠氏が故郷の福井に戻り、そこで『ヨーロッパ亭』を再開したことから、『ソースカツ丼』が福井県のご当地グルメになったわけです。

つまり日本の洋食文化の黎明期から続く由緒ある料理で、昨今のB級グルメブームとは一線を隔す骨太ご当地グルメなのです。

【福井流ソースカツ丼は他のソースカツ丼とは大きく違う】


ドイツ料理をツールに持つ、福井流ソースカツ丼の王道である『ヨーロパ亭』のソースカツ丼は、一般的な「トンカツにソースをかけてドンブリ飯の上にのせた料理」とはかなり違います。

上の写真通り、見た目も「トンカツ乗せご飯」とは違いますし、「ソース」と言っても、いわゆる「トンカツソース」とは全く違います。

通常のソースカツ丼が「定食屋の味」とすると、福井流ソースカツ丼は「洋食屋の味」なのです。

お店のサイトを見ると“薄くスライスした上等のロース・モモ肉を、目の細かな特製パン粉にまぶし、ラード・ヘッドでカラリと揚げたカツを、熱々のうちに ウスターソースをベースに各種の香辛料を加えた秘伝のタレにつけ、熱いご飯にタレをまぶした上にのせたカツ丼です”とありました。

『ラード・ヘッド』が良くわからなかったのですが、ちょい調べてみると「豚の脂=ラード」、「牛の脂=ヘッド」というらしく、おそらく『ラード・ヘッド』とは、豚の脂と牛の脂とを混ぜたものなのでしょうか? なんか『拘っている感じ』が実に良いです♪


これは会津流ソースカツ丼



これは前橋流ソースカツ丼

ソースカツドンのルーツを考える(けさらんぱさらん研究所ファイル)
KesaranPasaranLab Files



前橋流ソースカツ丼

カテゴリーメニューに戻る


バカガイ料理
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。