カテゴリーバナー



伊豆半島以南では普通に採られている「まさに海のエッセンスを凝縮したよう」な素晴らしい味わいの海草、「とんとんめ」です。

日持ちが良くないので、ほぼ地元のみで消費されている 「現地限定品」なのです。




【もともとは天皇の名を冠した海草だった】




「とんとんめ」の正式名称は「アントクメ」で、これは「壇ノ浦の戦い」で入水した「安徳天皇」に由来しているようです。

取れたての「とんとんめ」は「黄褐色」をしていますが、調理する前に熱湯に潜らせると素晴らしい「緑色」になります。ボクも実際に見たことがありますが、その変化たるや実に神秘的ですよ。

で、緑色になったやつをまな板に乗せ、包丁で「トントン」と叩くようにして刻むことで、粘り気と風味を出していくので『とんとんめ』と呼ばれるようになったようです。

ボク的にはこの名称の方がグッときますね。


【流れモノより剥がしモノ】


「とんとんめ」は海岸から離れた岩場に生息していています。

波によってそこから剥がされ海岸線にまで流れてくるものもありますが、この「流れモノ」は味が落ちるのだとか。やはり美味しいのは人が潜って岩場から剥がしてきた「剥がしモノ」なのだそうです。

この「剥がしモノ」ですが、海岸から離れた岩場に行き、そこに潜って「とんとんめ」を採集するには、高度な技術と体力が必要なため、現役の「とんとんめ師」さんは極端に少数なのだそうです。

ある方からは「ベテランと呼べるのは一人だけ」という意見も聞きました。

これはなんとかせねばならないですねぇ。そうじゃないと新鮮な「とんとんめ」が食べられなくなってしまいますよ。

あ、ちなみに「流れモノ」「剥がしモノ」や「とんとんめ師」という言葉は ワタシが今、勝手に作った言葉 なので、恐らく現地では通じないと思いますww


美しい自然と「とんとんめ師」の高度な技術とが生んだ「とんとんめ料理」



イカ丼にかけて食べるのがボクのおすすめ

参考サイト:といおんせん(伊豆市観光協会 土肥支部サイト)
Toy-town Tourist Guid



生のり蕎麦

カテゴリーメニューに戻る


餃子ドッグ
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。