カテゴリーバナー



真イカとはスルメイカのことで、旬は夏です。日本近海に生息する固有の種であり、国別漁獲高は日本が最高なのです。この辺りが愛国的理系おやじにとっては実に嬉しいところですねぇ。

刺身はもちろん、焼いて、煮物に入れても最高の食材なのですが、ボクはなにより内臓=イカゴロが大好物なのですよ♪




【美しくそして美味しい真イカ様】




真イカはなんと言っても、その形状が素晴らしいです。 胴体と足の長さのバランスも良く、先端の三角形のひれ(エンペラといいます)の大きさと胴体の太さの比率も完璧です。まさに、生物界の黄金比が、真イカには存在するのです。

日本では古来から朝廷への貢物とされていて、現在も縁起物として扱われています。そう、実は真イカ様は高貴なお方だったわけです♪

しかも、安価で庶民の味方! 更に当然、味も最高!もうこうなると真イカは食材の三冠王と呼ぶしかないでしょう。


【やっぱりイカゴロが最高です】


真イカの有数の産地である函館では毎年8月初旬に『函館港まつり』が開催され、電光を施した多数の花自動車が繰り出されるパレードが行われます。

そのパレードで大勢の人々が踊る『函館イカ 踊り』の歌詞には「イカ刺し」「塩辛」「イカそうめん」「イカポッポ(イカの姿焼き)」が登場します。おそらくこれらが函館での主な食べ方なのでしょう。

しかし最初に書いたようにボクとしてはなんといってもイカゴロなのです。函館の居酒屋で出てきた真イカの生のイカゴロをはじめて食べたときから、ワタシは完全にイカゴロの魅力にはまってしまったのです。

イカゴロを食べるのであればやはり真イカが一番です。 イカゴロの量も多く、味も濃厚で甘みがあります。まるで“上質なチョコレートのようなの味わい”なのですよ。

食べ方としては、生のイカゴロにちょこんと塩をつけてそのままでも良いし、イカゴロをつぶして醤油を垂らし、それをイカ刺しに乗せて食べても良いし、醤油に一晩漬けておいたものを熱々のご飯に乗せてかっ込むなんてのも最高です。

やばい、無性に食べたくなってきた。


ボクにとっての『函館の英雄』である高田屋嘉兵衛。どんな人だったかは調べてみて



函館に現存する日本最古の電信柱。こういうのもボクは大好きです

参考サイト:函館自慢のいかをどうぞ(函館市公式観光情報サイト)
Try a Squid from Hakodate



餃子ドッグ

カテゴリーメニューに戻る


うなとろ丼
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。