カテゴリーバナー



ボクは二者選択というのがニガテです。だもんで、二兎追うものは・・の原理に従い、たいていこれで失敗してきました。

しかし、捨てる神あれば拾う神だってあるのです。うな丼が良いか、とろろ丼が良いかと、迷う時代はもう終わったのです♪




【鰻ととろろとのやば過ぎるマリアージュ】




伊豆地方を気ままに車を走らせていたら、偶然見つけたカンバンに引き寄せられ興味本位で食べてみたのが、ボクと「うなとろ丼」のファーストコンタクトでした。

これが本当に美味しかったのです!

とろろ自体が良かったのか、とろろの味付けが良かったのか、蒲焼が良かったのか、ご飯が良かったのか、それらの相性が良かったのか、とにかく、もう涙もののとしか言えないぐらい美味しかったのです。

それ以来、割と頻繁に行くようになったのですが、何度か行くうちに、この『伊豆マリアージュ』を完成させているのは『ワサビ』なんだと確信が持てるようになりました。


【ワサビこそ日本の自然と日本人のきめ細かさが生み出した芸術的農産物だ】


中伊豆地方を車を走らせると山葵田が目立ちます。澄んだ水が流れ、綺麗にワサビが並んでいます。とても丁寧に育てられているのです。

この店では、本物のワサビがゴソっと付いてきます。清々しい辛さと、ほんのり甘みのある上質のワサビです。このワサビが濃厚な蒲焼と とろろ汁との『伊豆マリアージュ』を完成させていたのです!

ネットで調べると他にも『うなとろ丼』を出す店は多いようです。ボクとしても店ごとの『うなとろ丼』を食べ比べしてみたいですねぇ。もちろんポイントはワサビにあることは言うまでもありません。



参考サイト:うなぎ・とろろの川善
Kawazen shop for Eel & Tororo potato



真烏賊のイカゴロ

カテゴリーメニューに戻る


豚肉の味噌漬け丼
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。