カテゴリーバナー



天空を走るドライブコース「磐梯吾妻スライカライン」には観るべきもの喰うべきものが満載ですが、今回は「エゴマ豚丼」です。

「エゴマブタ」という言葉の響きにある種の「サイバーパンク風味」を感じてしまうのは、磐梯吾妻スカイラインの「火星的な風景」の成せる業かもしれませぬww




【エゴマ豚の血統を覚えるべし】




エゴマ豚とは、エサの中にエゴマの種を混ぜて育てた豚で、福島県畜産試験場が研究開発を重ね、2002年に確立させた豚だそうです。正式名称は『うつくしまエゴマ豚』というらしいです。

血統的には「ランドール種」のメスと「大ヨークシャー種」のオスの間で生まれたメスを母豚に、「デュロック種」のオスを父豚として交配するようですが、この交配の組み合わせを間違えずに覚えたら、貴方もかなりの豚博士です♪


【美味くて身体にも良いらしい】


エゴマ豚には、生活習慣病の予防に効果的で頭が良くなるといわれている「必須脂肪酸“α-リノレン酸”」が、従来の豚の約4倍含まれていて、更に、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー促進物質と疑われる「リノール酸」の含有量が少ないとのことです。

つまり、 身体も頭脳も衰えてくるワタシ世代には凄く嬉しい豚のようです♪

磐梯吾妻スカイラインにある「浄土平レストハウス」で食べたエゴマ豚は、柔らかく味わい深いものでした。

ま、長時間ドライブの末、超絶景の磐梯吾妻スカイラインを走り、更に、レストハウスの正面にある「吾妻小富士」を登り降りしてから食べたので、大抵のものは最高に美味しく感じることができるシチュエーションでしたがww


浄土平レストハウスには川魚の薫製も

参考サイト:磐梯吾妻スカイライン(福島市の総合観光情報ナビ)
Bandai-Azuma Skyline Highway



梅干入り鰻丼

カテゴリーメニューに戻る


いのししコロッケ
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。