カテゴリーバナー



「棒アナゴ」とは生物学的には「アナゴ」ではなく「ヌタウナギ」らしいです。「あ、ウナギなんだ」と思ったら更に間違いで、「ヌタウナギ」とは「ヤツメヌナギ」と同じ「無顎類」と呼ばれる非常に原始的な生物で、「脊椎動物」ではあるが「骨格」を持たないのだとか。

そんなのアリ? って感じですが、そんなことより重要なのは、「棒アナゴの丸干」が、実に美味くって日本酒に合うってことなのですよ♪




【男鹿半島の漁師料理】




ボクが左の写真の「棒アナゴの丸干」を食べたのは、山形県 鶴岡市のプレハブ雑居ビル内の“山形弁が飛び交う居酒屋”だったのですが、その店のご主人から、本来はもっと北の「秋田県の漁師料理」だと、教えてもらいました。

こんがり焼いた「棒アナゴ」は、バリっとした固めの皮をかみ締めると、ジュワっとエキスがにじみ出てくる感じです。

「海の生物を丸ごと食べている」ことが実感できる濃厚な味で、ぬる燗の相棒としては、ワタシが過去食べた全ての肴の中でもトップクラスでした。しかも安い!左の写真で400円なのです。

【『とろろ汁』は不思議です】


上でも書いたように「棒アナゴ」はオカルトっぽい形状の生物で、通常は水深100メートル程度の海底に生息しています。

魚介類の死骸に喰らい付き(歯は無いらしい)、ジュルジュルと体内に吸い込むように摂取るすらしく、形状だけでなくその生態もかなりいっちゃっていますねぇ。

魚の切り身を入れた壷状の漁具を水深100メートル程度の海底に設置し捕獲し、 陸地で鉄棒に頭を突き刺し吊るし、日干ししながら手でシゴきヌメリとともに内臓や血液などを取り除き、その後、冷凍保存されるようです。

それを解凍して、ぶつ切りにして焼いたのが写真の料理です。結構手の込んだ料理なのですよ!



男鹿半島地方の道の駅では棒アナゴが普通に売られていました

参考サイト:男鹿の食べ物・物産(男鹿なび)
Foods of Oga


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。