カテゴリーバナー



最高に美味い伊豆の椎茸、新鮮な卵に率いられた炊き立ての白飯。しかしそれだけだは真の椎茸卵とじ丼はできません。

そう、紅しょうがをどう使うかによって、その丼がAクラスに留まるか、その上のSクラスに昇れるのかの分かれ道なのです。




【椎茸の持つ破壊力と、卵の持つ統率力】




肉厚で味わい深くとにかく美味い『土肥の椎茸』。『彼』には『七輪で焼いて醤油をたらすだけでご馳走になってしまう』という、飛びぬけたポテンシャルがあります。

方や出汁が効いたフワフワ・トロトロの卵が乗った『卵とじご飯』。『彼ら』は『強烈な統率力』を持つ卵に指揮された百戦錬磨の集団なのです。

そんな『一匹狼の椎茸』と『統率された組織である卵とじご飯』とが、今、ここで一つになったのです。 まさにこれは、映画『大脱走』において、リチャード・アッテンボロー率いる脱走チームに、一匹狼のスティーブ・マックイーンが加入したみたいではありませんか! もう美味いに決まっていますよ。

【紅しょうが問題について考える】


そしてこのチームに、欠くことができない『狂言回し』が『紅しょうが』です。前述の『大脱走』に例えると、銃殺されたアイブス役のアンガス・レニーや、独房に入るマックイーンに『グローブとボール』を渡すゴフ役のジャド・テイラーの役どころです。

ボクは「紅しょうがの有り無し、その配置と量は、客ではなく、料理人が確固たる信念を持って決めるべきこと」だと考え、これを「紅しょうが問題」と名付けました。

例えば上の写真の向かって右の丼、鮮やかな黄色と白と茶色の料理が白い丼に盛られていますが、紅しょうがは乗っていません。しかし、もし端のほうにチョコンと紅しょうがが乗っていたら、この丼の色彩は一層引き立つ思いませんか?

「お好みであればご自由にどうぞ」と店主はおっしゃっていましたが、この店主は色彩に対する自分の信念をきちんと主張すべきなのです。

そして左の丼ですが、端のほうに紅しょうがが盛られていて、丼の赤と紅しょうがの赤とが無配慮に混じり合ってしまっています。もし紅ショウガが丼の中央にパラパラと散らされていたら、どんなに美しい丼が完成したことでしょう。

伊豆の最高に美味い椎茸と新鮮な卵との個性が溶け合い、それを支える名もなき白いご飯たち。その中にあって、どのような位置づけを紅しょうがに追わせるべきか? それを考えるのは、他でもない料理人のはずです。

紅しょうが問題については、料理人の誇りと才能の全てをかけて、料理人自らの手で答えを出していただきたいと考えている次第です。


紅しょうが問題は現代日本人の『エセ個人主義』がもたらした弊害だと思います



卵の固さに関する『卵問題』についてはまた次の機会に

参考サイト:グリーンヒル土肥(伊豆市商工会サイト)
Green Hill Toi



河豚のへしこ

カテゴリーメニューに戻る


わさび定食
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。