カテゴリーバナー



『土肥や戸田で有名なカニ』といったら、一般的には『タカアシガニ』でしょう。大きいものでは両脚を広げると3メートルを超えるカニですから目立ち方も違います。

でも、本当に美味しいのは『ミルクガニ』なんですよ♪ 漁獲高が多くないのであまり紹介したくはないんですけどね♪




【土肥に来たならミルクガニです】




先に紹介したメディアなどで 頻繁に紹介されてる『タカシガニ』は、実際に食べてみると「水っぽかった」と感じた人も多いと思います。

ま、これも地元の人に言わせると「いけすに長時間入れておくから」「調理法が悪いから」とのことなのですが、それでも「姿かたちの奇抜さ(大きさ)が 先行して有名になったカニ」という感じは否めません。

で、『ミルクガニ』です! 漁獲高があまり多くないので他県ではそれほど有名ではないのですが、地元の人にとっては 「本当は一番美味いのはミルクガニ」なのです。ズワイに、ケガニに、タラバガニ、カニにもいろいろあるけれど、土肥に来たならミルクガニ。と いうことを是非、脳裏の片隅に刻んで置いてください♪

【『とろろ汁』は不思議です】


ミルクガニは学名『Paralomis multispina』、一般的な呼び名は『エゾイバラガニ』ですが、土肥じゃもっぱら『ミルクガニ』です。人によっては『駿河湾ハナサキガニ』とも呼んでいるようですので、お店でオーダーするときは注意が必要です。

『ハナサキガニ』も『イバラガニ』も『タラバガニ』の一種で、これは学術的には『ヤドカリ』の仲間なので、『カニ』というよりは『クモ』に近いということは、理系おやじにとっては常識です。ちょっとキモイですが。。。

鮮度が落ちると「若干水っぽい」感じになりますが、イイモノが獲れたときには、「甘みと旨みが濃厚」で「ミルクのような香り」がする『幻のカニ』を体験できますので、 頻繁に土肥や戸田に通い、焼く、蒸す、茹でる、をそれぞれ堪能してください。

数年前にはじめてミルクガニを食べて以来、その美味しさに魅せられたボクは 『ミルクガニのうた』まで作ってしまいました。 これを機会に是非聞いてください!



ミルクガニのうた
Milk-Gani no uta



わさび定食

カテゴリーメニューに戻る


あわび釜飯
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。