カテゴリーバナー



ブランド化を検討中の『小田原のカマス』。 そのための先陣として、今、ヒソカに(ボクの中で)話題なのがこの『北条一本抜きカマス棒』です。

この大袈裟なネーミングの裏には、理系おやじが思わず顔をホコロばしてしまう事実が潜んでいるのです。




【多種多様なポテンシャルを秘めた小田原カマス】








ヤマトカマス(別名ミズカマス)の背骨を抜いて、そのまま揚げたものです。

ヤマトカマスは白身の蛋白な魚で、多少水っぽいので、地元では新鮮なものは刺身でも食べるようですが、焼物や揚げ物が一般的です。

小田原の漁港において、カマスの水揚げ高は平成25年度では第4位(サバ、イワシ、ソウダガツオが、それぞれ1位から3位)で、小田原市としとしては“カマスのブランド化”を狙っているようです。

この『北条一本抜きカマス棒』もその一環のようでで、小田原厚木道路の小田原PAにはノボリやポスターなどが目立っていました。

味が三種類あり、写真のプレーン(塩味のみ)以外に、カレー味とチーズ味がありました。ケチャップも置いてあったので、好みで使うこともできます。

食べてみるとサッパリとした白身魚ですが、魚の味わいがちゃんと残っています。確かにこれならカレーやチーズ、そしてケチャップをかけても負けない気がします。

強めに塩コショウすれば、ビールのアテにもかなり良い感じです。パンに挟んでマスタード効かせて『小田原カマスドッグ』にしても受けるかも。

さらに小麦粉を振って、バターでソテーしたものをご飯に乗せて醤油を垂らし、上から海苔を散らして食べたいですねぇ。『小田原カマス丼』とかいう名称で販売してくれないかなぁ。

小田原カマスはこれからもかなりの展開の可能性がありそうですね♪

【カマス棒を支えるテクノロジーがある】


前述したように、かなり多種多様な展開の可能性がある小田原カマスですが、その大きな理由として、骨が無く食べやすい、と言うことが揚げられます。

この『カマス棒』にしても、ボクが妄想した『小田原カマスドッグ』にしても、“そのままカブりつける”から成立する料理なのです。串に刺したりパンに挟んだ魚を“骨を取りながら食べる”のではどうも具合がよくありません。

そしてこの“カマスから骨を取り除いて調理する”ことを実現させた秘密兵器が『北条一本抜器』なのです。

これはカマスの構造上の特性を考慮し、“小骨は揚げることで食べられるので、中骨だけを抜けば良い”という発想の元、開発された調理器具です。

『北条一本抜器』は構造的にはとてもシンプルで、カマスの中骨が入るぐらいの内径を持った先が尖ったパイプ状のもので、これを頭と尾を切り落としたカマスの中骨に被せるように刺し通すことで、キレイに中骨を取り除くことができます。 このテクノロジーによって、この『カマス棒』は実現され、ボクの妄想の『小田原カマスドッグ』の可能性も出てきたというわけです。

“その土地の自然環境と、地元住人のテクノロジーとが生んだ料理”、理系おやじ魂をくすぐる、実に素晴らしいフレーズです♪



参考サイト:カマスボー

参考サイト:カマス(小田原の魚サイト)

参考サイト:「北条一本抜き」とはいかに!!(神奈川県水産技術センター メルマガ468)



厚揚げ串

カテゴリーメニューに戻る


「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。