カテゴリーバナー



東名高速の名古屋ICからニュルニュルっと北上して敦賀を目指さす途中、気まぐれで立ち寄った琵琶湖沿岸で未知のBグルメたちと遭遇しました。

残念ながら実際に食すことはできませんでしたが、いつかまた訪れたときに忘れないようにここに「強豪たち」を記載しておきます。




【うなぎの「じゅんじゅん」】






琵琶湖 湖北地方に伝わる料理で、うなぎの他にもナマズや鯉などの琵琶湖に生息する淡水魚をメインに、ゴボウやネギをたくさん入れて、昆布やカツオの出汁で作った甘辛くあっさりとした割り下で作ったスキヤキのようなものらしいです。

「昆布やカツオ出汁のスキヤキ」、「うなぎのスキヤキ」、など馴染みが無い組み合わせなので、ちょっと想像がつきづらいですねぇ。どじょう鍋に近いものなのでしょうか?

「生のうなぎ」の削ぎ切りを使うのがポイントのようなので、東京の我が家でこれを作るのは難しそうです。やはりこの地に行かないと食べられないかもしれません。

普通のスキヤキと同じで、といた卵につけて食べるのもアリとのことです。また、名前の由来は、 調理するときに「じゅんじゅん」という音がすることからだとか。 

「うなぎのじゅんじゅん」、これぞ琵琶湖の未知の強豪ナンバーワンです。

【幻の魚「ビワマス」料理】


「ビワマス」とはサケ科の魚で、現在でこそ他の場所でも養殖されているようなのですが、本来は琵琶湖にしか生息していない魚なんだそうです。

産卵期には大雨の日に群れをなして河川を遡上することから、アメノウオとも呼ばれているのだとか。

調理方法としては、通常の鮭・鱒と同じような、塩焼き、揚げ物、煮物などもあるのですが、淡水魚なのにもかかわらず、刺身などの生食も普通にされるのが、ビワマスの特徴のようです。

淡水魚独自の「香り」を堪能できる「ビワマスの刺身」や「ビワマス寿司」には是非、チャレンジしてみたいものです♪



【小鮎の佃煮】




「小鮎」とは成長しても大きくならない鮎の一種らしいです。琵琶湖では「えり漁」と呼ばれる設置網を使った方法で漁をするようです。

佃煮以外にも南蛮漬けや天ぷらなども一般的な食べ方で、この道の駅でも美味そうな「小鮎の天ぷら」も販売していました♪

【ニゴロ鮒】


名前の由来は「成長するとゲンゴロウ鮒に似ているから⇒似ゲンゴロウ鮒⇒ニゴロブ鮒」ということからだとか。

鮒寿司は本来「ニゴロ鮒」でつくるのが正当なのだとか。そんなことを知るともう食べたくてしょうがない♪

「道の駅 湖北みずどりステーション」だけでもこれだけ嬉しいご当地グルメがあるのですから、琵琶湖をぐるっと回ったら、もっともっと未知の強豪たちと出会えそうです。 是非、次は「琵琶湖一周 ご当地グルメツアー」に出かけたいと思います♪



参考サイト:湖北みずどりステーション
「日本の夕日百選」にも選ばれています♪



北条一本抜き カマス棒

カテゴリーメニューに戻る


京風たぬき蕎麦
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。