【京都の たぬき は少し違う】

先日、京都に妖怪を探しに行った折りに、噂に聞く『京風たぬき蕎麦』を初めて食べてみた。

これは『東京のたぬき蕎麦』とは全く異なるもので、上品な細身の蕎麦に刻み揚げが乗り、生姜味の餡がかかった蕎麦なのだが、ボクは一発で虜になってしまった。 よく「関東は蕎麦文化、関西はうどん文化」と言われが、実は京都は蕎麦文化圏なのかもしれない 。

上品な細身の蕎麦に刻み揚げが乗り、生姜味の餡がかかった蕎麦。生姜味というのが実に良い。これは凄く癖になる。

【たぬき と きつね の地域性】

関東では「たぬきと言えば揚げ玉が乗っている蕎麦やうどん」「きつねと言えば油揚げが乗っている蕎麦やうどん」を指すが、 大阪では「たぬきと言えば油揚げが乗っている蕎麦」「きつねと言えば油揚げが乗っているうどん」を指すようだ。

なので、関東では『たぬきうどん』は存在するが、大阪では『たぬきうどん』は存在しない。東京の立ち食い蕎麦屋で大阪弁の人が「たぬき」とオーダーして、 店員から「蕎麦にしますか? うどんにしますか?」と聞かれ、「たぬきっていったら蕎麦に決まってるやろ」という会話を、ボクは2、3回聞いたことがあるが、これこそ異文化交流というものだ。

そして京都では、『たぬき』と言えば「刻んだ油揚げと九条ねぎを乗せ、餡かけをし、卸し生姜をのせたもの」で、蕎麦もうどんも両方存在する。

この『たぬき・きつね理論、』には他にも亜流があるようなので、機会があれば調べてみたいと思う。

新京極を北端まで行き三条通を右折したところにある『田毎(タゴト)』、 格式が漂いながらも入りやすい雰囲気のお店。期待が高まる。

創業明治元年の看板。『Since1868』でないところが京都の自尊心か。(←みうらじゅん的解釈)

こんなに美味い『たぬき蕎麦』なのに、メインのメニューには載っていない。ボクとしては「○○ご膳なんかより、たぬき蕎麦が一番だね」と言い続けられるおやじでいたい。

レジ脇にわりと無造作に著名人のサイン色紙が飾られていたが、半分以上隠れて『みうらじゅん色紙』があることを目ざとく発見! この扱われ方が『みうらじゅん的』で逆に嬉しい♪