【カマスのブランド化】

一本抜きカマス棒とは、ヤマトカマス(別名ミズカマス)の背骨を抜き、 串に刺して揚げたものだ。 ヤマトカマスは多少水っぽい淡白な魚なので、 地元では刺身で食べる場合もあるようだが、 一般的には焼物や揚げ物として食されている。

小田原漁港は国内有数のカマスの水揚げ高を誇り(平成25年度では第4位)、 小田原市は“カマスのブランド化”を狙っているらしい。この『北条一本抜きカマス棒』もその一環なのだ。。

【今後の展開にも期待】

味は三種類あり、写真のプレーン(塩味のみ)以外に、カレー味とチーズ味がある。 ケチャップをかけて食べている人もいた。

食べてみるとサッパリとした白身魚だが、 魚の味わいがちゃんと残っている。 確かにこれならカレーやチーズ、そしてケチャップをかけても負けない味だ。

ビールのアテにもかなり良い感じだし、 パンに挟んでマスタード効かせた『小田原カマスドッグ』とかもアリだろう。

いっそのこと骨を抜いたカマスに小麦粉を振って、バターでソテーしたものをご飯に乗せて醤油を垂らし、 上から海苔を散らした『小田原カマス丼』なんてどうだろう? 別に『揚げ』や『串』にこだわる必要はないのだから。

一本抜きカマスはこれからもかなりの展開の可能性がありそうだ♪

【カマス棒を支えるテクノロジー】

前述したように、かなり多種多様な展開の可能性がある一本抜きカマスだが、 その大きな理由として、骨が無く食べやすい、と言うことが揚げられるだろう。

そしてこの“カマスから骨を取り除いて調理する”ことを実現させた秘密兵器が『北条一本抜器』なのだ!

これはカマスの構造上の特性を考慮し、 “小骨は揚げることで食べられるので、中骨だけを抜けば良い”という発想の元、開発された調理器具だ。

『北条一本抜器』 の構造はとてもシンプル 。カマスの中骨が入るぐらいの内径を持った先が尖ったパイプ形状をしている。これを頭と尾を切り落としたカマスの中骨に被せるように刺し通すことで、 キレイに中骨を取り除くことができるのだ。

“その土地の自然環境と、地元住人のテクノロジーとが生んだ料理”、 理系おやじ魂をくすぐる、実に素晴らしいフレーズではないか。