【福井県の厚揚げは一味違う】

福井県は油揚げの消費量が全国一位らしい。東京の油揚げより外側がパリっとしていて、中身の密度も高く、ボクは福井県の厚揚げの方が好きだなぁ。

食堂でも普通に「油揚げ定食」があり、 その普及度を伺えるが、ボクが最も感動したのは「立方体の油揚げ」を「串」に刺した 「油揚げ串」の形状そのものだったりする♪

【理系心をくすぐる形状】

数学的に『最も均整の取れた形』は『球体』かもしれないが、 『球体』はその制作工程において多量の『無駄』が生じる。 その点『立方体』は制作工程で『無駄』が生じず、かつ最も『制作が安易』な形状だ。

しかも『単純な形状』にも係わらず、『体積が二倍になる立方体の一辺の長さ』は『作図不可能』 という、理系おやじが喜ぶ『難解さ』も持ち合わせているのだ。

そして『串』の存在が偉い。串に刺すことでエンタメ度合いが30%増加するのだ。 これに関する数学的証明は不可能だが、心理的には『自明の理』だろう。

【人類の原罪と厚揚げ串の魅力】

人類は「火を利用することを覚えた」ことで『動物』から『人』へと進化した。 そしてそれは『人類の罪のはじまり』でもあるのだ。

炭火の赤い輝きには、そうした『罪』を思い出させる力があり、 「あえて罪を覗き込む」ことこそが『禁断の快楽』を励起させることになる。

理系心を魅了する形態の食材が、『人類の原罪』を励起させる赤々と輝く炭火に焼かれている姿にこそ、『厚揚げ串』の魅力の真髄があるのだと思う♪