【豚肉は日本のソウルフードだ】

明治維新までほとんど食肉文化がなかったとされる日本だが、山間部においては猪・鹿・熊・雉などの獣肉をかなり古くから食していたらしい。

そう、日本人とは、ジビエなんてしゃらくさい言葉が入ってくるずっと前から獣肉を食らっていた民族なのだ。

牛肉食は欧米から輸入された文化かもしれないが、豚肉食は猪肉食が文明化したものであり、我が国の連続した食文化の中に位置するというのが、ボクの持論だ♪

つまり豚肉は日本人のソウルフードなのだぁ!

【味噌漬けは日本が生んだ魔法の調理法】

塩漬けの原理は、浸透圧の差で食材の水分を抜くと同時に、塩分による殺菌作用で腐敗を防ぐというものだ。

そしてこれを味噌で行うと、単に塩漬け効果だけではなく発酵作用が加わり、食材の魅力を更なる高みへと導いてくれるのだ。

そんな豚肉の味噌漬けを炭火でじっくりと焼き、ご飯の上に乗せ、秘伝のたれをかけたのが『豚みそ丼』だ。だもの美味いに決まっているじゃないか!

秩父地方をドライブしていると『豚みそ』の看板をよく目にする。特定の店を目指して出かけるのも良いのだが、自分の勘を信じて、行き当たりばったりでそんな『豚みそ』の看板が出ている店に飛び込んでみるのも一興ですよん♪