【真烏賊のイカゴロ】

真烏賊とはスルメイカのことで、英語だと『Japanese Flying Squid』とも書くらしい。 なんともカッコイイ名前ではないか! “Japanese”と付くのは日本近海に生息する固有の種だからで、当然、国別漁獲高は日本が1位だ。旬は夏で、夏はボクにとって『真烏賊の季節』。

刺身はもちろん、焼いて、煮物に入れても最高の食材なのだが、 ボクはなにより肝臓=イカゴロが大好物なのですよ♪

【美しくそして美味しい真烏賊】

真烏賊はなんと言っても、その形状が素晴らしいのだ。 胴体と足の長さのバランスも良く、先端の三角形のひれ(エンペラ)の大きさと 胴体の太さの比率も完璧。 まさに、生物界の黄金比が真烏賊には存在するのだ。

日本では古来から朝廷への貢物とされていて、現在も縁起物として扱われている。 『スルメイカ』なんていうとなんだか庶民的な感じだが、実は真烏賊は 高級品でもあったわけだ。

しかも、安価で庶民の味方!  更に当然、味も最高!  もうこうなると真烏賊は食材の三冠王と呼ぶしかないでしょう。

焼いた真烏賊のイカゴロも最高!


【やっぱりイカゴロが最高です】

真烏賊の有数の産地である函館では、 毎年8月初旬に『函館港まつり』が開催され、 電光を施した多数の花自動車が繰り出されるパレードが行われる。

そのパレードで大勢の人々が踊る『函館イカ 踊り』の歌詞には 『イカ刺し』『塩辛』『イカそうめん』『イカポッポ(イカの姿焼き)』が 登場する。おそらくこれらが函館での主な食べ方なのだろう。

しかし最初に書いたようにボクとしてはなんといってもイカゴロ。 函館の居酒屋で出てきた真烏賊の生のイカゴロをはじめて食べたときから、 ボクは完全にイカゴロの魅力にはまってしまったのだ。

イカゴロを食べるのであればやはり真烏賊が一番。 イカゴロの量も多く、味も濃厚で甘みがあり、まるで“上質なチョコレートのようなの味わい”なのだから!

食べ方としては、ちょこんと塩をつけてそのままでも良いし、 つぶして醤油を垂らし、それをイカ刺しに乗せて食べても良いし、 醤油に一晩漬けておいたものを熱々のご飯に乗せてかっ込むなんてのも最高だ。 上の写真のような焼いた真烏賊のイカゴロからはみ出るイカゴロをナメながら冷酒を呑むなんてのも、また格別!

やばい、無性に食べたくなってきた♪