【安達太良山の登山口で出会った安達太良流ソースカツ丼】

安達太良山は比較的登りやすいだけでなく、山腹の山小屋に白濁の温泉が湧いているという、実に神秘的な山なのだ。

しかも、登山口へ向う道の途中に実に美味しいソースカツ丼を出してくれる店があるのだから言うことナシだ♪

今回は安達太良山の登山口で出会った『安達太良流のソースカツ丼』をちょこっと紹介してみる。


【会津流ソースカツ丼の雄】

ソースカツ丼というのは実に奥の深い郷土料理であり、それを語るにも、また、語られていることを読むにも、それ相当の基礎知識が必要になってくるのだ。

ボクも僭越ながら ソースカツ丼に関して持論を展開しているので、ソースカツ丼を研究しようと思われてる方に読んでいただきたい。

上の写真は福島県 二本松市の安達太良山登山口に向う道沿いにある、成駒のソースカツ丼だ。これは、濃厚なソースをくぐらせた“これでもかというくらい分厚い豚肉”を使ったカツを、キャベツを敷いた(これが重要なポイント)ご飯の上に乗せてある。

詳細は前述した『ソースカツ丼のルーツ』を読んでいただくとして、結論から言えば、これは『会津流ソースカツ丼』に分類されるものだ。

ソースカツ丼を見るポイントをざっと書くと

1)カツは煮込んであるか、ソースをかけただけか?
2)キャベツが敷かれているか?

ということになるのだが、これらは単なる料理人の趣味による場合もあるが、歴史的背景を伴うポイントでもあるので、今後、ソースカツ丼を食べる際には、是非、注目してみて欲しい。

店先にある『国立 議員食堂』の看板が実に気になる。国会議員の溜り場なのか?

安達太良山の山小屋にはこんな素晴らしい温泉があるのだ♪