【『スープ焼きそば』で偏見という鎖を断ち切れ!】

『ラーメン』と『焼きそば』とは完全に別物だ。また『醤油』と『(いわゆる日本でそう呼ばれている)ソース』もまた相反するように思える。 しかしこれらは全て偏見だ。偏見は無知から生まれ、無知は探求に対する臆病さから生じているのだ。

勇気を持って未知の扉を開け放してみよう。さすれば真実が見えてくる。そう、素晴らしき甘美なる真実が。


【醤油とソースとが交じり合うグラデーション】

スープ焼きそばとは、焼きそばがスープの中に入っている料理だ。一見するとラーメンのようにも見えるが、麺はあくまでも“鉄板で焼いてウスターソースで味付けをした焼きそば”なのだ。

まずスープをズズっと飲んでみる。まさに醤油ラーメンのスープの味だ。次に麺をズルっとすする。すると食べなれたソース味の焼きそばの味がするのだ。そしてまた醤油ベースのスープをズズっとすすり、麺をズルっとすする。これを交互に繰り返していってみてくれ!

すると徐々に麺のソースがスープの中に染み出してきてスープの味が変っていくのがわかるだろう。そしてその変化がとても楽しいことに気が付くはず♪


【魂を開放し変化を楽しめ】

日本では醤油とソースとは一般的に相対するものとして認識されているが、両者は決して相性が悪い間柄ではないはず。 日本の液体調味料の双璧をなし色も似ているために、我々は無意識のうちに彼らを相容れないライバル関係のように見てしまっていただけなのではないだろうか。

醤油とソースに対する今までの考えは我々の偏見であったということが、このスープ焼きそばによって証明されたような気がする。相容れないどころか、食べていくにつれて醤油ベースのスープに徐々にソースが染みこんでいくグラデーションのような変化が、今まで味わったことがない感動を与えてくれたのだ。

「偏見を捨てよ、変化を楽しめ」この料理はそう語っているようだ。

お店のご主人によれば、冬は寒さが厳しいため、温まってもらおうと思って、焼きそばを出すときにラーメンのスープに入れてみた、ということだった。

うーん、そういう発想って凄いなぁ。やっぱり新しい文化は一人の天才から生まれてくるということなのだろう。