【『桃のしそ巻き』こそ福島のベストスウィーツだ】

福島県の夏と言えば『桃』で決まりだ。 季節になれば街道沿いにも桃の農家直販店ならび、 結構大胆に試食させてくれたりして、 福島県民のフトコロの大きさを感じさせてくれる。

夏の日差しの中、手で皮を擦り取るようにむいて、 丸ごとグワシグワシと頬張ると、口の中にあまーい果汁が溢れ、 さらにあまーい香りに包まれ、ああ、ボクは夏の福島に来ているのだなぁ、 なんて思うわけだ。

そんな桃を『紫蘇の葉』で包んだものが上の写真なのだ。

福島の山にトレッキングに行った帰りに偶然見つけたのだが。 正直、最初は『桃と紫蘇との組み合わせ』ということを脳内処理できなかった。

しかし食べてみてビックリ。 甘露煮した桃の甘さが紫蘇の風味と見事に調和していて、 「美味しい」という感覚より先に「これは凄い」と唸ってしまったのだ。 「異なるものがここまで見事に融合できるとは!」という驚きだとも言えるだろう。

ただこれはボクが都会の食生活になれてしまい、 日本人が紫蘇をこれまでどのように食べてきたかということを 忘れてしまっていたせいだとすぐに気がついたのだ。

というのも、これを食べていて、ボクが幼い頃(1960年代後半)、 母の実家で祖母が“ヨウカンに紫蘇を巻いて”だしてくれたのを 思い出したからだ。

その頃のボクは紫蘇の味が好きになれず、 紫蘇をはがして食べたのだが、 それでも羊羹に残った紫蘇の味がイヤだったのを思い出したのだ。

あれから約40年経ち、ようやく甘いものと紫蘇とのコンビネーションの 『妙』が理解できるようになったということなのだろうか。 ボクも大人になったものです♪ 

今宵はこの『桃しそ巻』を酒のアテにして(結構、合うのだ♪)、 今はもういない祖母や祖父との思い出に浸ろうと思う。(2010年夏)