【喜連川と鮎】

香り高い鮎の風味は、まさに初夏を堪能させてくれる食材だ。遠火でジックリ焼いたり、焼いた鮎を骨酒にしたり、骨まで柔らかく甘露煮にしたりと、楽しみ方も豊富で嬉しくなってしまう。そして、なんとこの地には、焼き鮎を入れたラーメンまでもあるのだ!

様々な食べ方を楽しめる鮎だが、やはり米喰う日本人にとって、炊き込みご飯を忘れるわけにはいかないだろう。

嬉しいことに、道の駅きつれがわでも鮎めし弁当が売られていた。ホクホクしたご飯に鮎の香りが染み渡り、これぞまさに日本人の最高の贅沢・初夏版という感じなのだ♪

実は、古河公方を祖とする喜連川氏ゆかりのこの喜連川地区は、 江戸時代は宿場町として栄えた場所だったが、東北本線や烏山線の駅建設を拒んだため、地域開発が遅れてしまった場所だったりする。

しかしそれが幸いして、東京からそんなに遠くない場所にもかかわらず、今でも豊かな自然が残り、鮎の産地になっているのだ。

ボクの人生はとても『勝ち組』と呼べるようなものではないが、開発の波に乗り遅れた喜連川に美味しい鮎が残ったように、ボクの人生にも何か良いこともあるかもしれないなぁ、なんて思いながら鮎めし弁当、鮎ラーメン、鮎の甘露煮の『鮎づくし』を味わってきたのです♪