【饅頭の天婦羅を歴史的に解析する】

昔は甘いものは非常に貴重だったので、なにかの折に饅頭を手に入れたときは、まずは神棚に捧げるという文化がこの地にはあったのだろう。

当然、人の口に入るまでには日数がたち傷んでくるので、食べる際に火を通す意味で天婦羅にした、というのが始まりだと、下記の写真のお店の方は話してくれた。

また、揚げることによってより餡のシットリ感やコクのある甘みが増してくるという『効能』を期待して天婦羅にした、という説があるとも教えてくれた。

しかし、実はボクにも『饅頭の天婦羅』についての考えがあるのだ。

実はこの『饅頭の天婦羅』、会津若松だけでなく、長野県の伊那市でも名産品して存在している。ただし伊那では呼び名が『天婦羅饅頭』と倒置されるのだが、これにもボクは理由があると考えている。

つまり、会津若松では あくまでもコレは『天婦羅』つまり『人が食べる食材」であり、 伊那では『饅頭』つまり『もともとは神事に用いる食材』だと捉えていたというわけだ。

で、この“饅頭を天婦羅にして食べる文化”について、歴史的な観点から考察してみた。

簡単に言うと、江戸時代にそれまでは伊奈市(高遠藩)を治めていた保科正之というお殿様がいたのだが、実は彼は三代将軍家光の異母弟であることが後に判り、格上げとして会津若松二十三万石へ転封されたという史実があったのだが、この時いっしょに『饅頭を天婦羅にする文化』までもが継承されたのではないだろうか?

想像だが、元々、伊奈地方においては“神事に用いる食材として作られた饅頭”を食べるときには、痛んでいるといけないので“天婦羅にしてから食べよう”という文化があったのではないだろうか?

一方、会津はもともと経済的にも豊かであったため“人の食品として作られた饅頭”が既に存在していたのだと思う。そうした中、保科正之が新しくお殿様としてやってきて、天婦羅にした饅頭を食べたもんだから、「これはオレたちも真似しよう」ということになって、会津に浸透したのだと、ボクは考えているのだ。

ま、なんの証拠もないですけどね♪

更に、“保科正之は『ソースカツ丼』にも関わっている”というボクの学説があるのだ。ご興味を持っていただけたら是非、読んでいただきたいのです。