【行田市の郷土料理『フライ』と『ゼリーフライ』】

埼玉県の行田市には『フライ』と『ゼリーフライ』という、名前は似ているが全く別の郷土料理がある。だったらもっと区別しやすい名前にすれば良いのにと思うわけなのだが、そんな融通の利かなさが、上杉、北條、豊臣と戦をしても決して落城しなかった忍城(おしじょう)のお膝元らしさを表しているのかもしれない♪

他の地区では全くと言っていいほど知名度が無い『フライ』と『ゼリーフライ』だが、行田市内にはこれらの看板やノボリが結構目立ち、スーパーのお惣菜売り場では普通に『ゼリーフライ』を売っているのだ。そういう意味で、『フライ』と『ゼリーフライ』こそ『郷土料理の王者』と言えるかもしれない。

知らない人は、『フライ』と聞けば「あ、揚げ物の一種ですか」と思うかも知れないが、実は『フライ』は揚げ物ではないのだ。

また、『ゼリーフライ』と聞けば「お菓子のゼリーが入っているの」と普通は思うと思うが、これまた『ゼリーフライ』にはゼリーなんて微塵も入っていない。

ならなんでそんな名前を付けたんだ? ということになるのだが、その答えは上に書いた「忍城のお膝元だから」とは全く関係ないということが解ったので、紹介してみたい。

水城公園の脇に普通に建っている『ゼリーフライ』のお店。

スーパーの惣菜売場で普通に並んでいる『ゼリーフライ』。


【ゼリーフライとはこういうものだ】

ゼリーフライとは、一口で言えば“コロモの無いコロッケ”のようなもので、オカラに刻んだジャガイモやタマネギ、ニンジンをまぜてコロッケ状にして油で揚げ、それをウスターソースにズボっとくぐらせたものだ。

名前のゼリーとは『銭』が訛ったものだそうで、その形が銭(小判)に似ているから最初『銭フライ』と呼ばれていたものが、訛ってゼリーフライになったとか。

日露戦争時、満州(中国東北部と書くべきか)で従軍していた 大澤常八さんという方が考案者らしく、戦後、彼が故郷 行田に戻ったとき、満州で食べた野菜入りのまんじゅうに似たものを作ろうと試行錯誤のうえ出来上がったのが、このゼリーフライなのだとか。

ファーストフード感覚で食べ歩きができるので、行田に行ったらゼリーフライを片手に水城公園を散歩するのが通というものです♪

もうひとつの行田の郷土料理『フライ』についてはコチラに。