【高価な白えびを使った最高峰のジャンクフード】

かなり前から北陸に来るたびに気になっていた『白えび』。最初に食べた『白えびジャンク』は『白えびかき揚げバーガー』だったのだが、どうも天つゆのベチョベチョ感が好きになれなかったのだ。

次に食べた単体の『白えびコロッケ』は白えびの風味が効いていて、ボクの『白えび熱』が一気にヒートアップしたのだが、上の写真の『白えびコロッケバーガー』はこれに『白えびを使ったタルタルソース』が加わることにより、更に『白えび度』がアップしているのだ!

こうして『白えびコロッケバーガー』は現時点でボクにとっての『最高峰EasyFood』になったというわけです♪


【白えびについておさらい】

富山では『しろえび』と発音されるが、学名としての『シロエビ』はクルマエビ科の別種であり、富山の『白えび』はオキエビ科に属し、学術的には『シラエビ』と発音されるとのことだ。これ重要です!

深海に生息し、全国でも漁場を有しているのは富山県のみで、『ブリ』『ホタルイカ』」と並び『富山県のさなか』に認定されている。

富山湾はすり鉢状の構造をしていて、沖に行くと直ぐに深度が深くなるため、近場で深海モノが獲れるのだ。魚好きなボクとしては、富山はまさにパラダイス! それに酒も美味いのがたくさんあるのだから、もう、富山最奥♪

普通の大人にとっては『白えび丼』『白えびかき揚げ』『白えび唐揚げ』などが一般的な白えび料理だろう。もちろんボクだってそういうものを食べたことはある。甘みと旨みが際立ち、かつ、とても上品な味だった。

だけどそういうのはどうしても『よそ行きな料理』なのだよ。ボクにとってはやっぱり『白えびコロッケバーガー』が最高の白えび料理だったりするのだ♪

ブルジョワ度がかなり高い『白えび丼』。白えびの甘みを堪能できてかなり美味いんだけど、値段がアレ過ぎる・・・。

ビールの肴にはかなりイケル『白えびから揚げ』と『ホタルイカの沖漬け』。このくらいなら、なんとかなる値段だ。