【『金のテーマパーク』は伊達じゃない】

『世界一の金塊』にタッチできる金のテーマパーク『土肥金山』で販売している『金粉をまぶしたかき氷』、それが『ゴールドクラッシュ』だ。

金粉には味はないので、味覚は全く変わらないのだが、視覚効果は絶大なのだ。 それになんとなく『縁起が良い』感じもするじゃないか!

土肥金山は昭和40年だ頃までは本物の金山だった場所だ。かつては『黄金時代』を築いた金鉱だったらしく、近辺には労働者たちが遊ぶ飲み屋や遊郭などもあったらしい。

いまでは『金のテーマパーク』として観光客を集めているのだが、 最大の売りは『世界一の金塊』だろう。これはギネスにも乗っている200kgの金の延べ棒で、写真のように実際に触ることができるのだ。(盗めはしないが)

それ以外にも、江戸時代の金の採掘状況を知ることができる『観光坑道』や、日本における金の採掘の歴史を展示した『黄金館』、さらに実際に“砂金取りができる”『砂金館』などがあり、売店やレストランも充実しているので、かなり楽しめる施設となっている。

しかもこのサイトでも紹介した『とびうお料理』や、現地でも“幻と呼ばれている”『白びわ』も季節によっては販売してるのだ!

更に重要なことは、この『ゴールド・クラッシュ』のタイアップ曲を、ボカロPの『mathru(かにみそP)』さんと一緒に作ったということだ! 土肥金山の『黄金の精』が具現化した“伊豆の自然と平和を守る正義のヒーロー”である『ゴールド・クラッシュ』の歌なのだ♪ こちらも是非聞いてやってくださいませ!!

戦え!ゴールドクラッシュ(詞:にへどん/曲:かにみそP)