【北陸自動車道の超有名B級グルメ】

米山SA名物のこの『サバサンド』、カラリと揚げたサバがドカンと入っていて、 付け合せは多分レタスとスライスオニオンのみ。 熱々のうちに塩とコショウ、そしてレモン汁(!)をかけて食べるという シンプルな食べ方にも『日本海の男気』みたいなものを感じることができるし、 モッチリとしたパンも汁気が少ないこのサンドイッチにはピッタリなのだ。

世の中には日本で生まれ育ったにもかかわらず「魚の匂いが嫌い」という ご不幸な方もいっらしゃるので、万人受けする食べ物ではないかもしれないが、幼少の頃からほとんどの蛋白源は魚(と納豆)で摂取してきたボクにとっては、この『魚臭さ』こそが食欲本能を刺激してくれるというもの。

同じような趣向の人には絶対オススメのB級グルメだと思う。


【米山とサバサンドとの関係は?】

米山SAでは全面的に『サバサンド』を押しているので、 てっきり米山はサバの有名な産地なのかなと思って『鯖 漁獲高』でググッてみると、 新潟県は都道府県別の鯖漁獲高でベスト20にも入っていないことが判明。

もしかしたら「上杉謙信が南蛮渡来のパンに鯖を挟んで食べた」という歴史でも あるのかなとも思ったが、どうやらそんな史実は無いようなのだ。

じゃあ何故、サバサンドなんだ? ということだが(しかもサバサンドの鯖はノルウェー産らしいし)、 いろいろ調べてみると「1997年に行われた『柏崎トルコ友好協会主催の第1回トルコ旅行』に参加された方が、トルコで食べた現地では有名な『サバサンド(こちらは焼き鯖)』を帰国後に紹介した」というのが 『米山でのサバサンド』の始まりらしいのだ。(米山SAは新潟県柏崎市にある)

うーん、なってこったい・・・。

ボクとしては「ドライブで各地を回って、その土地の一般の人が食べている普通の食べ物を食べることで、なんとなくその土地を知った気になる」という感覚で 『サバサンド』を食べたのだが、そんな甘っちょろいディスカバリージャパン魂なんか、日本海の荒波に打ち砕かれてしまったようだ♪