カテゴリーバナー



東京で生まれ育ったボクにとって、カツ丼といえば、トンカツを甘辛い醤油ベースの出汁で煮込み、卵でとじたモノをイメージしますが、地方によってはカツ丼=ウスターソースなどで味付けしたトンカツをご飯の上に乗せたもの、として認識するところも多いようです。

福島県、群馬県、長野県、福井県が概ねソースカツ丼エリアと言えるようですが、現在、これらソースカツ丼エリア同士で「ソースカツ丼の発祥地論争」が起きているらしいです。

というわけで、今回はソースカツ丼発祥地論争についてボクの意見を述べてみます。




【ソースカツ丼誕生に関する定説】


ソースカツ丼誕生に関する諸説は数々ありますが、最も一般的に語られているのは、“高畠増太郎氏が、ドイツ料理『シュニッツェル風カツレツ』を和風アレンジしたものを、大正2年に東京の料理発表会で発表した”という説でしょう。

この話を聞いて、「なんだ、ソースカツ丼のルーツ論は終結してるじゃないか」と結論を出すのは早とちりというものです。

そもそも「何かのルーツ」を考えるときに、「ある一点からのカスケード展開」を考えるだけでは、本質がまったく見えてこないのです。

「ソースカツ丼のルーツ」においては次の異なった考え方ができると思います。それは、

◆ある一箇所で誕生し、そこから全国に広がったとする説:「ソースカツ丼ビックバン説」

◆いくつかの地域で独立に多発的に誕生したとする説: 「ソースカツ丼シンクロニシティ説」

の二つです。これから、上記二つの観点からソースカツ丼のルーツについて考えてみたいと思います。


【今回のテーマを整理します】


最初に、全国に散在する「ソースカツ丼発祥の地」を調べてみたので主なものを記載します。

・東京都 早稲田
・群馬県 前橋地方
・長野県 伊那地方
・長野県 駒ヶ根地方
・福島県 会津若松地方
・福井県 福井市

ここで福井県のソースカツ丼は、高畠増太郎氏が早稲田に開いたヨーロッパ亭が関東大震災で被災した後、 氏の故郷である福井に帰り、そこで再びヨーロッパ亭を開いたことから始まりました。なので、上記の「福井」は「早稲田」がルーツとなります。

このように高畠氏のヨーロッパ亭がきっかけとなったソースカツ丼ムーブメントをこのサイトでは『早稲田ムーブメント』と呼ぶことにします。

上記の早稲田・福井以外のソースカツ丼で、早稲田ムーブメントと因果関係を持っているものはあるのでしょうか?  また、早稲田ムーブメントとは因果関係を持たずに独自に発生したものはあるのでしょうか?

それこそが、これが今回のテーマの本質なのです。


【各ソースカツ丼の特徴をまとめます】


各ソースカツ丼と早稲田ムーブメントとの関連性を調べるために、それぞれのソースカツ丼の特徴を次のポイントでタイプ別に分類してみました。

・ソースで煮込むか、煮込まないか。
・キャベツを敷くか、敷かないか。

このポイントで主なソースカツ丼を分類してみると、下記のようになります。

・ソースで煮込むタイプ:会津若松/煮込まないタイプ:前橋、伊那、駒ヶ根、福井
・キャベツを敷く:伊那、駒ヶ根、会津若松/敷かない:前橋、福井

これらの特徴を踏まえて、考えていくことにします。


【キャベツには特別な意味があると思います】
〜保科正之公伝承、会津式ソースカツ丼理論〜


キャベツを敷く理由は、すごく単純なことのように思われます。

「山間部の地方ではビタミン不足になりやすいので、特に肉類を食べる時は、いつも以上に野菜を摂らねばという強迫観念が働くため、 長野や福島の山間部でのソースカツ丼にはキャベツが付く」という考え方です。

これはこれで間違ってはいないのでしょうが、ボクはそれとは全く別の理由があるような気がしてならないのです。

まず、もう一度、上記の「キャベツを敷く」がどの地方に該当するのか見てください。キャベツを敷くのは伊那、駒ヶ根、会津若松ですが、これら三地方に共通のものは山間部という以外ないのでしょうか?

そうなのです。このサイトで以前書いた「まんじゅうの天婦羅」を読んでいただいた方ならすぐにわかると思うのですが、これらの地方は保科正之が治めていた場所なのです。

彼はもともと高遠藩(現在の長野県伊那市)を治めていたのですが、実は三代将軍徳川家光と異母弟だったことがわかり、会津若松二十三万石へ転封されることになったのです。

そして彼は熱心な朱子学の徒で、身分制度の固定化を確立し、男尊女卑を推進した人としても有名です。

ボクの父方が会津出身なのですが、会津の人々はこのようなお殿様の影響か、白黒キッチリ筋を通したがるのです。それは食生活にも顕著に表われ、白いご飯は白いままでいただく、ということにとても拘っているようでした。

例えば昨今巷で流行っている 「卵かけご飯」などというものはボクの父に言わせれば「ブタの食いもの」ぐらいにしか思っていませんでした。

そういう土地柄ですから、ソースが染みこんだトンカツをそのまま白いご飯に乗せるような料理は、理屈ではなく、生理的に許されなかったのだと思います。

せめて間にキャベツを挟んで、直接、ソースが白いご飯を汚さないようにして食べる、という感覚が働いたに違いないと、ボクは自分の父の姿を思い出しながら思うわけです。

そして、そういう文化は 保科正之が朱子学とともに持ち込んだもので、彼がかつて治めていた伊那や隣の駒ヶ根にも同じような文化が残っていたに違いないのです。

つまり“ソースカツ丼にキャベツを敷く文化は保科保科正之に由来する”という結論が出るわけです。


【会津の『煮込みソースカツ丼』は『早稲田ムーブメント』から誕生したわけではない】


調べてみると、会津若松地方では既に大正時代には煮込みソースカツ丼を食べていたということが判りました。

もともと寒いこの地方、“煮込む”という調理方法は当然のこととして行われたのでしょうから、「ソースカツ丼のカツの味付けをするのに“煮込む”という方法を採用した」というのではなく、「トンカツの食べ方として普通に“煮込む”という調理法を採用し、それをご飯にのせただけ」なのでしょう。

ここで、煮込むのになぜソースなんだ、という疑問も湧きます。通常この地方で煮込むといえば、味噌か醤油でというのが普通なのですから。

しかしこれも単純な理由だと思います。つまり、トンカツが文明開化とともに会津若松に入ってきたときから、“トンカツにはソースをかけるもの”という文化も一緒に伝わり、そのトンカツを煮込むんだからソースで煮込もう、としただけなのでしょう。

つまり会津若松地方の「煮込みソースカツ丼」は「ソースカツ丼からの進化」ではなく、この地方の独自のトンカツの食べ方として煮込みソースカツ丼が自発的に生まれたのでしょう。


【前橋のソースカツ丼は早稲田ムーブメントとは無関係に誕生したのか】


前橋のソースカツ丼は、大正4年に創業した『西洋亭・市』が元祖のようです。ただしソースカツ丼は途中からこの店のメニューになったようで、具体的な発売時期は不明です。

ボクが実際にこの店のご主人に伺ったところ、ご主人の祖母に当たる方が、物が無い時代で卵が手に入りづらく、仕方なくソースカツ丼を作ったということでした。

また、前橋市が発行しているフリーペーパーでは「上州人のセッカチな気性を考えソースカツ丼を創案した」と書かれていました。

どちらが正しいのかは解りませんが、現存する西洋亭 市のソースカツ丼の形態や調理方法は、早稲田ムーブメントのそれとは全く異なっていますので、やはり独自に発生したものだと思われます。

しかもこの二つの話はどちらも「この地には、ソースカツ丼ができるより前に、卵とじカツ丼があった」ということになるわけです。


【駒ヶ根のソースカツ丼も早稲田ムーブメントとおなじルーツを持つのか】


駒ヶ根のソースカツ丼においては、昭和11年創業の『喜楽』が元祖だと言われています。

店主の市瀬正一氏は最初にカフェを手がけ、カレーやカツレット、オムレツなどの洋食を作っていた研究熱心な方だったらしく、カツレットをヒントにソースカツ丼を作ったということが、駒ヶ根ソースかつ丼会のHP に書かれていました。

前述した通り、早稲田ムーブメントのソースカツ丼は“ドイツ料理『シュニッツェル風カツレツ』を和風アレンジしたもの”なので、外国料理からのアレンジという意味では、同じルーツを持っていると言えます。

しかし、この文章だけでは早稲田ムーブメントの生みの親、高畠増太郎氏が作った料理をアレンジしたのか、それとは無関係にカツレットをアレンジしたのかは解りません。


【伊那のソースカツ丼は早稲田ムーブメントの流れを汲む】


伊那市のソースカツ丼の元祖は、昭和21年創業の『ひげのとんかつ青い塔』だとのことです。

このお店のサイトには『ヨーロッパ亭』のことが書かれているため、早稲田ムーブメントの流れを汲むことが解りました。


【ここまでで解ったことをまとめてみます】


早稲田ムーブメントとの関係性を考えると、次のようになります。

・早稲田ムーブメントとの関係性『大』:早稲田、福井、伊那
・早稲田ムーブメントとの関係性『中』:駒ヶ根
・早稲田ムーブメントとの関係性『小』:会津若松、前橋

まだまだ調査分析は十分ではありませんが、一つ言えることとして“ソースカツ丼は一つのルーツから進化してきたものではなく、いくつかの源流を持つと考えた方が辻褄が合いそうだ”ということでしょうか?


【更なる疑問も湧いてきました】


それは『卵とじカツ丼』と『煮込み系ソースカツ丼』と『ソースカツ丼』の関係です。

一般的には、“早稲田で発生したソースカツ丼が、より和風アレンジされ、煮込み系ソースカツ丼になり、その後、卵とじカツ丼になった”というものです。

一見すると正しいように思えるのですが、先に説明した前橋ソースカツ丼は、“卵とじカツ丼の改良版としてソースカツ丼を作った”ということですので、この“ソースカツ丼、煮込み系カツ丼、卵とじカツ丼の関係性”も、一つの流れだけでは説明出来ないようです。

謎は深まるばかりです。



福井流ソースカツ丼(けさらんぱさらん研究所ファイル)

前橋流ソースカツ丼(けさらんぱさらん研究所ファイル)

安達太良流ソースカツ丼(けさらんぱさらん研究所ファイル)



焼き饅頭のルーツを探る

カテゴリーメニューに戻る


合羽橋が合羽で河童な理由
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。