カテゴリーバナー



巨漢のワタシは、常に空間に窮屈さを感じながら生活してきているのだが、 なぜかその反面、低くて狭い場所に異常な興味を持っていたりもする。
子供のころはダンボールで作った秘密基地によく潜り込んでいたし、今でも洞窟探検の真似事などが大好きなのだ。そして今回は東京の低いトンネルを訪れてみた。




【品川駅の北側にある 『高輪橋架道橋』】






制限高は 1.5メートル、恐らく東京では自動車が通行可能な最も低いトンネルだと思います。加えて長さも250メートルほどあり、圧迫感は相当なものなのです。

トンネル内の実際の高さはもう少しあると思うのですが、身長183cmのボクの場合だと膝と腰を曲げた状態で通るほかなく、この距離を通り抜けるのは結構つらいです。

タクシーの提灯が壊れる事故がよくあるらしいのに、車だけでなく、バイクも、おばさんの自転車も結構みんなスピード出して走っているのには驚いてしまいます。

ボクのようにデカくて頭をぶつけ続けてきた人間は、狭いところに入ると本能的に身をかがめ、自然とゆっくりと行動するようになってしまう癖がついているので、数値的に「絶対にぶつからない」という車高の車を運転していたとしてもそんなことできないです。

たぶん「トンネル内をスピードを出して車を走らせることができる人は背が低い」という法則があると思いますよ。


【お次は制限高 1.6メートル の『北砂越中島貨物線ガード』】


都営新宿線の西大島駅から明治通りを南に2キロ程行ったところの砂町銀座入口交差点を右に曲がったところにあり、グーグルのストリートビューでもちゃんと見れます。

トンネル内の高さは結構あり、いきおいよく弾みをつけて歩かなければ、ボクでもかがんで歩かなくても大丈夫ですが、トンネルがゆるやかな坂を下った場所にあるので、坂の上から見ると実際以上に圧迫感を感じます。

にもかかわらず、坂の上からこのトンネルに向ってスピードを出した自転車で通り抜けるおばさん達が結構多かったです。もう『蛮行』というしかない行為です。

ここは貨物線の車庫への引込み線をくぐるトンネルで、付近も昭和的な場末感がまだ残されていてワクワクしてきますねぇ。小学生時代だったらガードをよじ登り車庫に侵入していたでしょうが、さすがはもう大人ですので、そんなことはしてませんよ。






【三つ目がJR大森駅から線路沿いに南下したところにある『大田区作尻ガード』だ】






制限高は 1.7メートル。でも実際のトンネル内の高さはもっとあるので、ボクでもまず天井に頭をぶつけることはないと思います。

しかしこのトンネル、低さはそうでもないですが、かなりキケンな構造となっています。トンネル内はトンネルの西から東に向っての一方通行なのですが、四本の道路が下り坂で一点で合流した場所がトンネルの西の入り口になっているのですよ!

4・5人の大男たちが横並びで歩いていき、狭い入り口にそのまま一斉に入ろうとしてそこで押し合いになる、という 小林まこと氏の「1・2の三四郎」によく出てくるシーンがありますが、これが自動車同士で起きる可能性がたぶんにありそうなトンネルなのです。

地元の人に聞いたのですが、やはりここは事故多発地帯だということ。ここを通る御仁は厳重に注意されたし。

ちなみに日休を除く 7:45-8:45 と 14:00-15:30 は歩行者専用道路になるようです。


【最後が、東武伊勢崎線 牛田駅の堀切駅方面にある無名トンネル】


最初にこの場所に行ったときには制限高は1.8メートルだったのですが、他の低いトンネルへのライバル心なのか、現在では写真の通り、制限高1.7メートルとなっています。

近くに京成本線のガードがあり、そちらは大型トラックも十分通れる高さなのですが、これを京成電鉄の「住民に対する配慮」と取るか、「低いトンネルに対する愛情の無さ」と取るかは各人の嗜好によるところでしょうねぇ♪

ボクとしては、是非、京成本線はガード下に盛り土をして、制限高の低さで東武伊勢崎線と競い合ってもらいたいものです。

互いに制限高を下げ続け「久しぶりに行ってみたら、皆、這って通っていた」なんてことになったら、なんと楽しいことか♪

ガード下が低いから褒めるわけではないです、東武伊勢崎線沿線のもつ場末感は素晴らしいの一言につきます。平日の夕方、煮込みをアテにホッピーに酔いしれたくなるような店が立ち並ぶ、昭和レトロ魂をくすぐってくれる、いい場所なのですよ。



江戸時代に実在したらしい侠客「片腕の喜三郎」の墓




解体新書の表紙に日本人の奥ゆかしさを見る

カテゴリーメニューに戻る


怨念を神へと昇華させる日本のシステム
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。