カテゴリーバナー



日本の怪談の中で文句なしの最高峰であろう四谷怪談のお岩さん。事実を基にした怪談ということもあり、今なお「事前にお参りに行かず四谷怪談を演じたために祟られた」など逸話が絶えません。
しかしその逆に、お岩さんは願い事を叶える神として祀られていたりもするのです。このあたりに日本人の感性の持つ独自性が見て取られ、実に興味深いではありませんか。




【「深い恨みを抱いて死んだ人」を「神として祀る」風習】






日本には「深い恨みを抱いて死んだ人」を「神として祀る」ことで、その怨念を浄化させるという考え方が存在します。そして、その「恨み」が強ければ強いほど(世間がその恨みを大きいものだと感じていればいるほど)、その人を「より格式の高い神へと昇華させる」傾向があるようです。

例えば、「天孫系の神(恐らくはその後の大和朝廷につながる勢力)」に「国譲り」した大国主命は出雲大社に祀られ、「新皇」を名乗り朝敵として討伐された平将門は「関東の守護」として神田明神に祀られ、権力争いに破れ大宰府に左遷され無念の死を遂げた菅原道真は「学問の神」に祀り上げられていることからもそれが解ります。

ボクは偏屈な理系おやじなので、「怨念」そのものが存在するとは思っていないのですが、「怨念というものが存在すると信じている人々はたくさんいて、そのような人々にとっては、怨念が残ったままでは安心できないのだ」ということは理解しています。

そういう人々は「なんとかしてその怨念を浄化させたい」と考え、「怨念を浄化させるシステム」=「怨念が浄化されたと信じるための手法」として、「怨念にまみれて死んだ人を神にしてしまう」という文化を作り出したのでしょう。

「死後、その人を神とすることで、生前その人が抱いていた恨みを浄化させる」ことは、ある意味、日本人の持つ「事なかれ主義的な辻褄あわせ」のような気もしますが、そのような考え方は日本の共同体社会を持続させる上で重要な考え方のひとつになっているのも事実だと思います。

さて四谷怪談で怨念の塊として描かれている「お岩さん」ですが、現在、複数の神社仏閣においては「願い事を叶える」信仰の対象として祀られているのです。

実際のお岩さんがどのような人だったのかは諸説あり定かではないですが、お岩さんが現在「願いを叶える神として祀られている」ということは、「世間の人々は“お岩さんは深い恨みを抱いて死んだ”と信じている」ということの裏返しに他ならないと思います。


【お岩さんをめぐる本家争い】


お岩さんを祀った「於岩稲荷」は四谷左門町において、右の写真のように、狭い道を挟んでほぼ向かい合わせに二つ存在しているのです。

ひとつが写真手前右の「於岩稲荷田宮神社」で、もうひとつが写真左奥の「陽運寺於岩稲荷」です。これについてボクが調べた範囲での所見を述べます。

もともと「於岩稲荷」の正統的な流れは「於岩稲荷田宮神社」にあるようです。田宮家(お岩さんの実家であり、婿養子として伊右衛門を向かい入れた家)はこの地にあり、生前のお岩さんは敷地内にあった稲荷神社をとても信仰しており、一連のお岩さん事件の後はお岩さんの霊を鎮めるために、その神社を「於岩稲荷」としたのだとか。

それが明治十二年に田宮稲荷と改称し、場所を現在の中央区新川(かつての越前堀)に遷座になりました。そして今でも田宮稲荷の本社は中央区新川にあります。

しかし、四谷では「お岩さんを祀る於岩稲荷はやはり四谷にあるべきだ」と いう地元復興を求める動きが続き、昭和二十七年に四谷左門町の陽運寺内に「陽運寺於岩稲荷」を建てる運びとなったようです。

そんな陽運寺の動きに驚いた田宮神社は同じく昭和二十七年に、新川の田宮神社の「飛地境内社」として、今の地に「於岩稲荷田宮神社」を「再興」したのです。それが現在の「路地を挟んで於岩稲荷が並ぶ」状態の原因だったのです。

そして、それぞれの「於岩稲荷」は本家を主張しています。

「於岩稲荷田宮神社」の方は、何と言っても「宮司は代々、田宮伊右衛門・お岩夫妻の子孫が務めている」というのが大きなウリです。「お岩さんの子孫がまだ続いている」ということにも驚きですが、この話からも「於岩稲荷田宮神社」が本家のような気がします。

一方の「陽運寺於岩稲荷」(最上部写真の右)は寺院内のディスプレイを結構派手目にすることで対抗しているようです。「お岩さま縁の井戸」や「外宮於岩稲荷」が並び、「お岩様の木像」までが本堂に安置されているのです。

この本家争いは「どちらが由緒正しいか」の名誉欲的な争いはもちろん、「参拝客が支払うお祓い代やお札代の争い」にもなってきますので、お岩さんの呪いそのものよりも「人間の煩悩」の争いでもあるわけです♪

ちなみに田宮神社が新川に遷座した翌年は、田宮神社の絵馬の売上が蛎殻町の水天宮についで二位だった(田中聡著 東京妖怪地図・祥伝者黄金文庫より)というのですから、経済的な理由からも「本家」は譲れないのでしょう。







新川の田宮神社。現在はそこまでの盛り上がりはなさそうです。


【お岩さんのお墓は現在、西巣鴨にある】










西巣鴨には都内で最後の路面電車が走っていたり、神社仏閣が多く(「左手の招き猫」がある西方寺もココ)残る、なかなかレトロでいい街なのですが、四谷とはまったく関係の無い土地です。しかしこの西巣鴨にお岩さんのお墓があるのです。

西巣鴨にあるお岩さんのお墓があるのは「妙行寺」。近くの商店街には「お岩通り商店街」と銘打たれ、しっかりお岩さんで商売しているようです。

これも日本の文化の面白いところだと思います。

はたして西洋人には「恩人だと信じていた人と亭主とがグルになって醜い顔にされ更に惨殺され、死後、悪霊となって自分を騙した人間を呪い殺していく女性の名前を、地元の商店街の名前につける」ということを理解できるのでしょうか?

これも、先に書いた日本独自の「恨みを抱いて死んだ人を神にすることで浄化する」というシステムの賜物です。

西巣鴨のお岩さんのお墓は、もともと四谷鮫ヶ橋南町(今の四谷南元町か?)にあったものを明治四十二年に区画整理のためにこの地に移転されたもののようです。お墓を移すときには期待通り(?)作業員が大勢高熱を出し延期になるなどのトラブル続きだったらしいですねぇ。移転の際にお岩さんのお墓からはクシや鏡が出てきたとかで、それらは今の墓にも改葬されたのだとか。

妙行寺の入り口にはお岩さんのお墓についての謂れが書かれており、そこには「お岩様に塔婆を捧げ、熱心に祈れば必ず願い事が成就すると多くの信者が語るところである」と書かれていました。 まさに神様扱いなわけです。




東京都内の低いトンネルを探る

カテゴリーメニューに戻る


関ヶ原の隠れキャラを発見した
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。