稲荷鬼王神社の名は、旧大久保村の氏神だった稲荷神と、 熊野から勧請された鬼王権現とが合祀したことに由来するとのことだが、 平将門の幼吊「鬼王丸」から取ったという説もあるようだ。

この水鉢は神社の外壁に設置されており、文政年間《1818〜1829》の作らしい。

案内板によると「この水鉢は文政の頃より加賀美某の邸内にあったが、 毎夜井戸で水を浴びるような音がするので、ある夜刀で切りつけた。 その後 家人に病災が頻繁に起こったので、天保四年(1833)当社に寄進された。 台石の鬼の肩辺にはその時の刀の痕跡が残っている。」とのことだ。

肩にある傷がその時の『傷跡』なのか?

身体に比べ大きな水鉢。かなりの重労働だ。

この神社、鬼を祀っているのかと思ったが、 鬼王権現とは『月夜見命』『大物生命』 『天手力男命』の三神のことらしい。

しかし、宮神輿には鬼面が彫られており、 節分では「福は内、鬼は内」と唱えたりと、『鬼』との関係はあるようだ。

また実際にここの神主さんから 聞いた話たと「代々ここの神主は将門討伐の本尊である成田山へのお参りを禁じられている」 とのことなので、前述した将門との関係性もあるかもしれない。