【どちらの手を揚げているか】

招き猫を見かけたら、左右どちらの手をあげているか確認するようにしている。

東京の招き猫で有名な 豪徳寺の招き猫 は右手を上げているが、同じ東京の招き猫伝説でもサウスポーの猫もいるのだ。

主人を災難から救った左手の招き猫、それが、この西方寺の招き猫だ。

【花魁にまつわる伝説】

西方寺のサウスポー招き猫には薄雲太夫という名前の、猫をとても可愛がっていた吉原の花魁にまつわる言い伝えがある。

あるとき太夫が厠(要はトイレ)に行こうとすると、 猫が太夫の着物の裾をつかんで離さなかったのだが、その時の猫が、あまりにも恐ろしい形相だったので助けを呼ぶと、駆けつけた男はすぐさま脇差を抜いて猫の首を切り落としてしまったらしい。

すると切られた猫の首は厠の下に飛んでいき、 太夫に飛び掛ろうと身を隠していた大蛇に食らい付き、 見事噛み殺したというのだ。

つまりその猫は「蛇がいるからそっちへ行くな」と太夫の裾をつかんでいたというわけだ。

自分を救おうとした猫を殺してしまったことを太夫もとても後悔したようで、 西方寺に猫塚をつくり招き猫の像を祀ったのだとか。

ちなみに、この薄雲太夫は元禄年間(1688〜1704)に実在した長野県坂城町出身の遊女で、 江戸新吉原京町一丁目の三浦屋に席を置き、同時代の高尾と並び名妓と称された超有名人で、 大の猫好きで、飼い猫(名前は「玉」)とともに描かれた 浮世絵も数多く残っているのだとか。

かなりヒッソリとした場所にある小さな『猫塚』。見つけのに一苦労するはず。

秘密の道具を使って、少年をダメにする猫型ロボットのようにも見えます

 

 

https://drive.google.com/open?id=1lPi5y7sGCjiHhxL9CK-kxIAoI0E&usp=sharing