退

隅田川と荒川にはさまれた鐘ケ淵に、 毘沙門天を祀る多聞寺(たもんじ)がある。 ここはは別名『狸寺』と呼ばれているのだが、その理由がとても面白い。

もともとここは不動明王を本尊とする大鏡山明王院隅田寺だったのだが、 天正年間のときに本尊を毘沙門天に変え名称も多門寺へとなった。

その際に参拝者の便をはかろうと、 近辺の雑木林の伐採や整地が行われたのだが、 住処を奪われてしまった『大狸』が、 その腹いせに大入道に化けて大地を震わせたり、 土砂を降らせたりして暴れだしたというのだ。

そこで、毘沙門天の使者である善尼子天道(ぜんにしてんどう)が登場し、 その大狸を退治したのだが、 翌日、雌雄の大狸の死骸を発見した住職が憐れに思って作った塚が、 下の写真の『狸塚』なのだそうだ。

これが『狸塚』。素朴な感じだ良い♪

茅葺屋根の多門寺の山門。

上の話は良くある御伽噺なのだが、実は「狸も毘沙門天も鉄器信仰の象徴」であり、この話には『歴史』と『文化』が隠されているとのだと思う。以下に順不同でそれらを羅列してみる。

【鐘ヶ淵】

鐘ヶ淵の名前の由来は このあたりに大きな鐘が沈んでいるという言い伝えからきている。

これには諸説があるようだが、 「沈んでいるのは夕顔観音の鐘だ」という説が面白そうなので紹介する。

夕顔観音は千葉常胤(つねたね)の息女、 夕顔姫の菩提を弔うために建立した寺院だ。 天分21年(1552年)に千葉一族が北条氏の軍門に下った際に、 北条氏は戦利品として夕顔観音(瑞応寺)の鐘を持ち去ろうと 鐘を船につみ隅田川を降っていったという話があるらしい。

その時、鐘が少女がむせび泣くような音で鳴り始め、川は荒れ凄まじい風雨となり、ついには鐘は船ごと沈んでしまったというのだ。

この伝説に興味をもった徳川吉宗がこの鐘を引き上げようとして、 江戸中の娘の髪の毛を集めてつくった毛綱を川底の鐘につなぎ引き上げたのだが、 鐘が川面に現れたとたん毛綱が切れてしまったのだとか。

この鐘は明治時代までは、天気の良い水が澄んだ日には 川底に見ることができたらしい!  いまでも川底には鐘が沈んでいるのだろうか?

【本尊が毘沙門天に代わる】

もともとこの寺には不動明王が祀られていたが、 第41代住職、鑁海和尚(ばんかい)の夢枕に不動明王が立ち、 「空海との約束でこの地にやってきたが約束の期間が過ぎたので西国に行き のんびり過ごすことに決めたぞ。交代の者が明日やってくるのでヨロシク」という言葉を残したそうだ。

住職が目を覚ますと、本尊の不動明王像の姿は消えていたとのこと。

そこへ、空海の作である毘沙門天像を持った老人が訪ねてきて、 「夢枕に毘沙門天が現れ、空海との約束があるので東方に連れて行け、と告げられたので、この毘沙門天像を持ってきたぞ」と言ったらしい。

それ以来、その毘沙門天像は多聞寺に祀られるようになったのだとか。 天正年間(1573−92年)の頃の話だ。

【暴れる大狸と大蛇】

前述したように大狸が土砂を降らして暴れたとのことだが、 寺の近くにあった大きな池の大蛇も、 住処を追われた腹いせに毒息を吐き出して参拝者を襲ってきたのだとか。 そこで毘沙門天は水神に頼み、大蛇をおとなしくさせたとのこと。

毘沙門天が大狸と大蛇を鎮めたという この話しも下に書いたような、 『鉄を用いて川の氾濫を鎮める信仰』と関連がありそうだ。

【狸も毘沙門天も鉄器信仰の象徴】

毘沙門天は軍神で、戦いの象徴である剣=鉄を操る神でもあり、 鉱山の発見や発掘に関わる神でもある。 また、鉄を精錬する際のフイゴには、狸の皮が使われていたので、 鉱山が多かった佐渡島では狸や狢の養殖が盛んだったらしいのだ。

文福茶釜などはまさに狸と鉄とが結びついた話だし、 鍛冶屋が鉄を叩いて精錬する音を『狸ばやし』として捉えられた話もあるようだ。

そうすると、狸も毘沙門天も同じ鉄器に関連する信仰対象ということになり、 毘沙門天が狸を退治するというのは、 それまでの日本古来の鉄器信仰が、仏教伝来によって、 仏教的な鉄器信仰に置き換えられた歴史を象徴しているのかもしれない。

【川の氾濫と鐘の関係】

鐘ヶ淵の言い伝えのように、 川底に沈む鐘の話というのは結構いろいろなところに残っている。 これは鐘をつかって川の氾濫を鎮めたという信仰と関係があったらしい。

上で書いた夕顔寺の鐘の話は「鐘が川を氾濫させた」ではなく 「氾濫していた川に鐘が沈むことで川が静かになった」と捉えるの方が一般的らしい。

中国の陰陽五行説によれば“金と水は「相生」”、 つまり金の強弱がそのまま水の強弱にもなるという関係だ。 だから「金を沈めて水を鎮める」という流れになるのだ。

この殺された狸は、結局、土に埋められましたが、 これも、金属に関連する狸を埋めて(沈めて)、川の氾濫を沈めようとした、 ということにつながりそうだ。

蛇は水の化身だから、大狸と大蛇の逸話を「狸を土に埋めたら蛇が大人しくなった」 と捉えることもできるのではないか。

当時、現在の足立区近辺は大川の氾濫が頻繁にあった場所だった。 それゆえ川を鎮めるために、金属に関係のある『狸』や『毘沙門天』を 祀っていたのだろう。