宿

【かつて豚肉300キロを使った鍋料理があった】

その巨大鍋のイベントでは、豚肉300キロ、ダイコン870本、ネギ300キロなど “地元特有の野菜を約10種類”を水5000リットルで煮込んで 味噌で味付けした鍋料理をつくり振舞ったのだとか。 1人前を200ccとして、約2500人前だ!

しかし残念ながらこの巨大鍋の老朽化にともない、 平成19年を最後にこのイベントは終わってしまった。更にでかい新巨大鍋をつくって、なんとか復活してもらいたいものだ。

この鍋料理には『日本一宿儺鍋』という名前が付いていたのだが、『宿儺』は『すくな』と読み、 この『宿儺』にこそ、この鍋の巨大さの秘密が隠されていたのだ。決して伊達や酔狂で鍋をデカくしたというわけではない♪

まずは下記の看板を読んでみてくだされ。

【両面宿儺という鬼神】

仁徳天皇の時代(おそらく4世紀から5世紀 の間)に 飛騨地方に『両面宿儺(りょうめんすくな)』という鬼神が住んでいたという伝説がある。

日本書紀によればこの鬼神は“顔が前と後ろに付いている”“腕が4本ある”“二本の剣と二本の弓矢を持っている” “力が強くて素早い”という形態で、“人民から略奪をしていた悪いヤツ”だったので、“天皇の命で武振熊(たけふるくま)に 成敗された” となっている。

しかし地元高山の伝承では“救世観音の化身であり、千光寺を開いた救世主”や“「七儺」という名の鬼を、天皇の命により退治した英雄”として描かれているのだ。実に興味深い。

かなりユルく描かれているww

ガマ蛙との関係性も気になるが・・。

【朝廷の敵、民衆の味方】

恐らくかつて飛騨地方には『大和朝廷にまつろわぬ強力な勢力』が存在していたのだろう。 彼らは朝廷側からみると“自分たちに歯向かう強力な敵”なのだから『悪』として描かれ、地元の人たちからは『英雄』として描かれたとしても不思議ではないだろう。

その宿儺が武振熊と戦うために美濃の高沢山に向かう途中、地元の民から鍋料理のもてなしを 受けたのだが“民に難が及ばぬように”とその民の家の軒から離れた場所で石を膳にして食べたということが上の看板には書かれている

そんな“地元民想いの”宿儺を偲んでのイベントが前述した『日本一宿儺鍋』なのだそうだ。鍋のデカさは、宿儺の強さや大物度を表しているのだろう。両面宿儺、ちょっと気になる存在なので今度彼にまつわる場所を探索してみたい。

巨大鍋は飛騨大鍾乳洞の入り口に置かれている。 この日は入れなかったが洞窟探検は実に興味があるなぁ。

縄文時代の遺跡もある。しかし右側の土偶は何を模っているのだ?

縄文時代のデザインには驚くばかり、何をイメージして作ったのだろう。

売店も近くにある。飛騨牛も気になるが『いのししドン』にグッとくる。

迷ったが、寒かったので結局『飛騨牛ラーメン』を食べた♪