カテゴリーバナー






もぐ 今回のテーマは『けさらんぱさらん研究所』の研究課題のひとつで、このサイトでは2017年の通年企画として定期的に報告していきたいと思います。まず最初にお話を伺いますのは、シンプルライフ研究家でもあり、悪の組織『ぬるぬる団』の首領でもある いかとろ氏です。いかとろさん、よろしくお願いします。

いかとろ うむ、よろしく頼む。このテーマは実に奥が深くてまだ結論が出ていないのだが、ワタシの長年の活動を特別に今日は発表していこうと思うので、是非、諸君らの参考にしてくれたまえ。

もぐ まず、最初に伺いたいのですが、いかとろさんはどのようなことを生活の基盤、つまりは生活費を確保するための手段にしているのでしょうか?

いかとろ うむ、キミの質問には根本的な過ちがあるぞ。生活の基盤は『生活費』ではないのだ。そこを考え直すことが、シンプルライフの第一歩なのだ。

もぐ と、言いますと?

いかとろ うむ、たとえばよく「食っていくためには働かないといけない」という言葉を耳にするが、これは「働く」「金を得る」「その金で食料を買う」「その食料を食べる」ということだな。しかし果たして『食料は金で得なければいけないもの』なのだろうか? ワタシはこの考えからまずは脱却しようとしたのだよ。

もぐ たとえばどのようにしてですか?

いかとろ うむ、まずワタシは自宅のマンションのベランダで芋を育ててみたのだよ。春はジャガイモ、それが終わるとサツマイモという二毛作だ。これらの芋は育てるのも割りと楽だし、保存も効くのだ。ま、これだけでは生きていけないが、摂取カロリーの数割程度にはなったかな。

もぐ なるほど。なんでもお金で手に入れるのではなく、自然の恵みを積極的に手に入れようということですね。

いかとろ うむ、その次にワタシが行ったのは自然の恵みだけではなく『人の優しさに甘える』ことだ。

もぐ 悪の組織の支配者がいきなり『甘える』というのもなんだか面白いですね。

いかとろ うむ、キミの今の発言には重要なことが潜んでいる。つまり、我々は幼い頃より「人の世話になるな」「自立しろ」と言われ続けてきたことによって、心の中に『捻じ曲がった自立心』が芽生えてきてしまったのだよ。そもそも人間は助け合うことで社会をつくり繁栄してきた生物だ。『甘える』ことも長い目で見れば『お互い様』なのだよ。

もぐ それは、目からウロコです。確かになんでも自分の力だけで行うというのは、本来の人間の生き方ではありませんよね。

いかとろ うむ、その通り。そこでワタシは農家の手伝いをすることで農作物をもらうという手法を採用したのだ。もともと地方へのドライブは大好きだし、土をいじるのも大好きなので、言ってみれば、好きなことをやって感謝され、おまけに食材までもらえるということだな。新鮮な野菜をそれこそ車の荷台いっぱいもらってきたこともあるのだぞ。

もぐ やはり第一次生産者は強力なパートナーになりますよね。同様に漁業関係者との繋がりも作ったりしているのですか?

いかとろ うむ、それは今まさにワタシが力を入れていることなのだ。魚はあまり日持ちがしないのだが、例えば干物とか、乾燥させた海藻類とか、保存できるものもたくさんある。ワタシは渓流釣りが好きなのだが、川での釣りには魚券が必要なので、費用対効果はあまり高くない。それで今年からは海釣りも始めようかと思っている。そして海辺に定期的に行くことで漁業関係者とのコネもつくり、もらえるものは何でももらおうと思っているのだ。

もぐ 悪の組織の支配者が『魚券』を買って渓流釣りしているというのが意外でしたね。

いかとろ うむ、魚券は河川の維持管理などにも使われる大切な収入源なのだ。ワタシは悪の組織の支配者ではあるがその手のルールは守るのだよ。

もぐ 御見それいたしました。漁業関係者から食品をもらうことや海釣り以外に、どのような食料確保の方法がありますか?

いかとろ うむ、次に行ったのが、ワタシが趣味で作っている『ボカロ楽曲』を使って食品をもらうことなのだ。

もぐ 悪の組織の支配者が『ボカロ楽曲』を作っているということに驚いているのですが。楽曲でお金を稼ぐというのではなく、食品をもらうというのも、また謙虚と言うか斬新というか。

いかとろ うむ、確かに曲でお金も稼ぎたいのだが、ニコニコ動画とかにアップして、心無い馬鹿どもたちに辛らつなカキコミをされるのが怖くてな。

もぐ 悪の組織の支配者もネットの誹謗中傷は苦手のようですね。

いかとろ うむ、それで心優しき地方にある八百屋のご主人が登場する楽曲をつくり、そのお店のテーマソングとして提供したのだよ。お礼に、その土地の特産物の果物をもらったり、現地で行った忘年会にたくさんの野菜を提供してもらったりと、ワタシのエネルギー源に貢献してくれたぞ。

もぐ ふれあいのある話ではありますが、随分、規模は小さい話ですね。

いかとろ うむ、しかしこういう小さな繋がりを大切にすることこそ、ワタシの唱えるシンプルライフの根幹なのだよ。ま、いずれ様々な商店や農家や漁師に楽曲を提供して、定期的に野菜や魚介類をもらえるようになりたいものだな。

もぐ どうやら、いかとろさんのシンプルライフの根源には『食品をタダで手に入れる』ということがあるようですね。今後も新しい『食品をタダで手に入れる』手法を考え出したら、是非また教えてください。

いかとろ うむ。





トレンドは『ガラパゴス空間』

カテゴリーメニューに戻る


居酒屋BAR『キリヤマ』店長
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。