この世とは思えないほど幻想的な空間。これなら死者の霊だって降りてくるはずだ。

三途の川と柳。死者の衣服を掛け、しなり具合で 生前の悪行を計るのだ。

死者から衣服を剥ぎ取る「奪衣婆」。笑顔がステキだ♪

無料では入れる温泉。 いってみれば、地獄へ行く直前の最後の極楽施設。

イタコが死者の魂を「口寄せ」する場所。営業シーズンがあるらしい。

ここが恐山の入り口。手前にある「風車」がエリア内にもたくさん存在し、 かなりブキミ。無事に出てこれるかどうか、実に不安。

有名な「血の池地獄」。色がどす黒くインパクト絶大。まさに地獄絵。

これも有名な「賽の河原」。人工的に並べたのか自然のままなのかは不明。

幻想的な湖畔。向こう側が「現世」なのか? 恐山の「隔離された感じ」がとても怖い。

「熊に注意」の看板。「まむし注意」の看板も多数あり、 実は、地獄よりこれらの方が怖い!

入り口付近に設置された石像群。スキがないくらい完成された地獄のテーマパークぶりに、 ただただ脱帽。無事に帰れたことを大日如来に感謝です。