【サメの町だった】

欽ちゃんファミリーに昔いた『気仙沼ちゃん』以外の知識がなかったのだが、訪れてみると 「日本のサメ漁獲高の90%を占める漁港」という、かなり勇ましい場所であることが判明。

そこで偶然見つけた『シャークミュージアム』に入ってみた。

【サメ博士が語る】

上の写真で微笑む方は、サメ博士の異名を持つ水産博士の仲谷一宏先生。

「世界のサメは約500種」「巨大ザメ『メガマウス』が発見される」 「ジンベイザメが胎生で、300尾もの子供を生むことが判明」 「エイはサメの仲間か親せきか? はわからない」

これだけ知っていれば、今後のサメ話題には事欠かないだろう。

サメと一言でいっても種類は多数。 姿かたちも生息場所もその生態も異なるらしい。 気仙沼では「ヨシキリザメ」「ネズミザメ(モウカザメ)」などが主に獲れるようだ。

こんな恐ろしいヤツを日本一番水揚げする気仙沼の漁師、どんだけ凄い人たちなんだ!

捕獲したサメはなかなか死なないので、 甲板の上で暴れまわるらしい。怖すぎ。

「シャークアタック」とか「ヒューマンアタック」とか、 地元の英雄である石の森章太郎先生の作品を励起させてるようだ♪

結局は「サメに近づくな」に尽きるということだな。

クジラもそうだが、サメも徹底的に利用される。 「サメの心臓」もかなりの珍味らしい♪

「鮫肌」は、わさび卸し、ゴルフボール、 競泳着にも使用されている。

【気仙沼に行ったらサメを喰え】

恐ろしいサメなのでガツンとした味かと思ったが、あっさりとした上品な味。

なにより「メカジキ」を「メカ」と訳すところが理系心をくすぐる。 残念ながらまだ未食。

サメの漁獲高日本一なので、当然「日本一のフカヒレ産地」。

同じ建物に入っている『氷の水族館』。マイナス20度の空間を防寒着を着こんで見学する♪