東京タワーの足元のビル(フットタウン)に1970年(昭和45年)に開館した蝋人形館が 2013年9月1日をもって閉館されてしまった。

マニアックな蝋人形が展示されていることで、東京数奇マニア(今、作った言葉)にはお馴染みの施設だっただけに残念でならない。また一つ、昭和が無くなってしまったなぁという感じだ。

上の写真はそこに展示してあった蝋人形だが、「遠い星でサル人間に捕らわれていた王女様が、駅馬車に乗った保安官に助けられ彷徨っていると、実はそこがローマだったことに気がついてしまい、『ローマ、ローマです』というセリフを発している、有名な映画のラストシーン」なのだろう。

【オーナーの思い入れの強さが生んだカオスな空間】

この蝋人形館の開設時期を知り、ボクが小学生時代に母親に連れられここに始めて訪れたのが、まさに開設直後だったらしいことが解った。今と違ってものすごく混雑していたとことをよく覚えている。

当時はまさに高度成長時代のはしり、『人類の進歩と調和』が声高らかに謳われていた時代。いまでこそスカイツリーに追われその影が薄くなってきた東京タワーだが、当時は間違いなく東京の、いや、日本のシンボルであり、そんな輝かしい場所に、この蝋人形館はあったのだ!

閉館になると聞いて改めて訪ねてみたのだが、 有名人の蝋人形が何の関係も無く『ただ並べて』展示されていたり、 いきなり壁に“オゾマシイ拷問部屋”が覗き見できる穴が開けられていたり、なぜかレオナルド・ダ・ヴィンチものだけ2種類、しかもかなりスペースを割いて展示されていたり、オーナーの趣味だけで選ばれたであろうロックスターたちが並んでいたりと、その節操の無さがとても良いではないか。

現在の博物館・美術館のほとんどは『テーマに基づいた展示』が当たり前だが、こういう雑多な展示だと『知識に束縛されないありのままの驚き』を感じることができて、これはこれで良いような気がする。

閉館後はスカイツリー近辺で復活するなんていう噂も聞いたが、是非、この昭和カオスの香りを残したまま復活して欲しいものだ♪

微笑みが有名な絵画のモデルが、以外とおっかない顔をしていることが妙に気になる。

たぶん『E=mc^2』で有名になり、『宇宙項』で後悔した方だと思う。

おそらく、京都の竹製フィラメントを用いた電球を作った方だと思う。

なんの脈絡も無く魔人リッチー・ブラックモアが登場。恐らくオーナーの単なる趣味だろう。しかし、あまり似てない・・・。