He is called "Namahage",perhaps he will be a kind of "Oni(Japanese demon)".
He is not a murderer.He removes "bad mind" of children.


【その名も鬼の館】

今回は4泊5日で東北地方を回り、縄文時代や鬼について見て回ったのだが、 やはり東北は縄文や鬼が熱い!

なんとなくだが、ボクは、鬼とは大和朝廷にとって最大の脅威であった奥州・出羽(今の東北地方)の豪族たちのイメージを具現化したものなのではないか思っている。

しかしこれは逆の立場、つまり、侵略された奥州・出羽の人たちから見れば『鬼こそは外敵と戦った英雄たち』という感覚を持っているのではないか?

この『鬼の館』を見ると、北上の人にとっての『鬼』は自分たちの『誇り』の源なんだ、ということがよく解るのですよ。


【ワクワクする鬼の博物館】

     

河童もやっぱり鬼の仲間か?


【古今東西の鬼の面】

  

オーストラリアの『クランブス』というものらしい。

ネパールの『ラケー』

ペルーの『サハラ(蛇)』

なんとなくインドの『ガルーダ』っぽい

黒石寺蘇民祭の『鬼子面(吽型)』

最後に登場するのは『大和朝廷の東北侵略に抵抗したアテルイの面』だ。まさに東北の英雄というところか。


【成田亨さんの作品がある!】

成田亨さんは『ウルトラセブン』などの円谷作品で怪獣やメカなどのデザインと担当された方で、幼少時代からのボクのヒーローの一人なのだ。そのももこの『成田亨作品』を見るためにここに来たのだから!


【今でも残る鬼文化】

かなりヤバイ雰囲気を持つナマハゲ系の何か。アップの写真がこのページの一番上にある。ヤバ過ぎて何も言えない・・。

山形の奇祭に登場する『カセ鳥』。火事を防ぐことを祈願し、旧正月の寒空に彼らに水をぶっ掛けるイベントが行われる。

現代版の『百鬼夜行』らしい。社会風刺などを盛り込んでいるのだろう。

「鬼に出会ったときの心得」など便利な情報が書かれている♪

『鬼』の漢字を分析すると、鬼にはあまり良いイメージはなさそうだが・・。

『市民憲章』に「鬼すむ誇り」と歌っている。鬼の概念が解らなくなってきた。

出口にはおなじみの彼らが並んでいた。彼らが鬼の仲間なのかどうかは不明ですけど♪