けさらんぱさらん
☆施設・スポット・絶景

立山で「霊獣クタベ」と出会ってしまった件

【立山信仰をテーマとしている博物館】

立山は「神々が宿る山」として「日本三霊山」の一つに数えられているとのこと(あとの二つは富士山と白山らしいです)。そして神々だけでなく立山には地獄もあるようで、地獄と極楽とを共に信仰する「立山信仰」というものが、江戸時代にはとても流行ったのだとか。

現在では、地元の方でもほとんど知らない「立山信仰」を、ここ「立山博物館」では、富山の自然と共に紹介してくれます。

これまでも頻繁に「地獄」や「閻魔さま」など、ボクにとってとても興味深いテーマで企画展を開催していますが、2019年7月に訪れたときは「立山ふしぎ大発見!?」という企画展が開催されていました。

そこでボクは「クタベ」という、謎の存在と出会ってしまったのです。

漢字表記の「クタベ」。人間の顔に獣の身体。胴体に「目」があるのが特徴です。

「クタベ」の姿を見ると「疫病にかからない」というのが、彼をモノノケではなく霊獣と呼んでいる所以なのだろうなぁ。

こちらは「クタヘ」という表記。品のある女性の顔にシンプルな身体。なんとなく「目」のようなものが背中にある。

多分「クタベ」の「駄洒落バージョン」だと思う「スカ屁」。自分で鼻をつまんでいるところがギャグそのもの♪

今回の企画展「立山ふしぎ大発見!?」のマスコットの「クタベ」が彼。このあたりのセンスが立山博物館の魅力なんだなぁ。

【町全体が博物館なのだ】

立山博物館は、この「展示館」と、街外れの「おんば堂基壇」に隣接して建設された「遙望館」とで成り立っています。

この二つの建物の間には、「宿坊」「えんま堂」「布橋」といった立山信仰にまつわる遺物があり、これらを巡ることによって、立山信仰の世界を立体的に体感できるようになっているのです。

これら地域全体としての「立山博物館全体像」については別途紹介したいです♪

立山博物館のサイトはコチラです

「展示館」は世界的な建築家、磯崎新氏が設計したらしいです。今年度から館内の撮影が一部許可されており、いわゆる「インスタ映えするスポット」になっているのだとか。

写真の螺旋状の階段が上部へと続く吹き抜けは、立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」をイメージして設計されているらしく、「ピラミッド型の天井から射し込む光が白い壁に反射し、幻想的な雰囲気を醸し出す」と紹介されていました♪