釈迦の霊水という無料でもらえる水がある

昭和初期の校舎のような建物。水を汲めるだけでなく、温泉や宿泊施設まであるのだ。

【谷川岳麓から湧き出るご神水】

「ご神水」という言葉はここで初めて知ったのだが、この場所を知ったのも、関越自動車道を走っている度に気になっていた「月夜野IC」で、気まぐれで降りてみたのがきっかけでした。

だって「月夜野」ですよ! 少年時代に夢中になったアポロ11号の月面着陸で芽生えた「理系心」にとっても、能因や西行に触れた中年以降芽生えた「旅心」にとっても、ともに刺激を与える言葉じゃないですか♪

妙にワクワクしながら「月夜野IC」で降りて車を走らせていると目に入ったのが「釈迦の霊水」の看板。このサイトのサブタイトルの「サイの角のように ただ一人歩め(お釈迦様の言葉です)」からも解ってもらえると思いますが、ボクは「釈迦ファン」でもあるので、「月夜野は理系と旅と釈迦とが揃っている」と意味不明な興奮を覚え、釈迦の霊水を目指したというのが、この場所との最初の出会いだったのです。

今回は、珍しく一人ではなく、ボクと同じような「理系おやじ」を同行して、この「ご神水」を汲みに行き、それを使って谷川岳の麓で、コーヒーを淹れて飲んできたのでした。

結構「分け入った」場所にあります。

蛇口をひねると「ご神水」が汲み放題! 水の販売もしていますが、ここで汲めば無料なのです。

効能が紹介されていますが、そういう「疑似科学」よりも、「谷川岳から湧き出た水」というところにボクはグッときますけどねぇ♪ この水についての説明はコチラに掲載されています。

温泉もあるし宿泊施設もあります。今度は温泉に入ってみたい♪

ニセモノもあるようですが、ま、「ご神水」の定義というのも割りにアレなので、飲む人の気持ち次第だとは思いますけど・・。 でも、確かにここの水は美味しいし、この場所の雰囲気もとても良いということは事実です。 ボクにはそれで十分ですねぇ。 近辺の見晴らしの良い場所で、キャンプ用のバーナーを使って淹れたコーヒーはとても美味しかったですよん♪

【この辺りは“もつ煮”の聖地でもある】

お土産ようも数種類揃っています。

谷川岳PAの『もつ煮定食』。 “もつ煮”だけでなく“ご飯”もとても美味しくて、SA/PA飯としては最高峰だと思います。やっぱ水が良いからかなぁ。

カテゴリートップに戻る