2日続けてサファリパークに行ってみた

【群馬サファリパークでSPデビュー♪】

やはりこの貫禄はただモノではない。頭のデカさと浮き出た筋肉の力強さに、心臓がバクバクしてきた♪

何年か後にこれを見たときのサイトを見たときのために書いておくと、これを書いた西暦2020年の夏においては、半年前から出てきた「流行り病」のために、外出が制限されていたり、ライブハウスなどの人が密集する場所が閉鎖されていたりと、ちょっとしたパンデミック状態。

しかしそうは言っても、自宅に閉じ籠りきりというのは精神衛生上よくないし、経済活動も停滞してしまうということもあって、いかに流行り病にかからずに生活を営むことができるか、いろいろと模索されていた時だったのです。

そんな中、「車の中にいるので、他者との接触が避けられる」という理由から、有給を取って「群馬サファリパーク」に行ってきたというわけ。

ボクにとって(多分)生まれて初めてのサファリパークだったこともあり、いやー、実に楽しかったです♪

サファリパークと言えば「ホントにホントにホントにライオンだ〜♪」という例の歌ですが、当然、これは「富士サファリパーク」のテーマソング。

「群馬サファリパーク」で、興奮のあまりこの歌をうたいながら園内をドライブしていたためか、どうしても「富士サファリパーク」へも行きたくなり、翌日はなんとそちらにも出かけていってしまいました♪ 群馬も富士もどちらも「ちょっとした個性」があって、甲乙付けがたいですねぇ。こうなったら日本中のサファリパークに行くしかないかも!

この柵の内側は、弱肉強食の恐ろしい世界が広がっている。引き返そうとしても、後ろには他の車がつかえているため、もう後戻りはできないのだ♪

近くで見ると、白地の内側に「灰色の帯」が見える。こういう発見もサファリパークの魅力だなぁ。それにしてもコントラストの効いた美しい模様だ。

北米大陸最大規模と紹介されていた「バイソン」。こいつらが道を横切ってくるんだから! 突っ込まれたら車は大破するんだろうなぁ。

同じ牛っぽい動物だけど、頭がモーツァルトみたいだ。でも当然これは髪の毛ではなくて、強固なヘルメットのようなもの。頭突かれたらヤバいだろうなぁ。

車を降りることができるエリアにいたフラミンゴ。ホントに片足で立っているんだ!

食堂で食べた「百獣の王!ライオンカレー」。ルーをご飯の周りに「タテガミのようにかける」とライオンぽくなる。その写真はコチラ

【翌日は富士サファリパークだ!】

デカい虎が車を横切った! 頭の大きさはライオンより小さくその分、スタイリッシュ。 なによりも黄色に黒の縞模様がインパクト過ぎる! 動きもシナヤカで、絶対に車から出たら生きていられない!

翌日は「富士サファリパーク」へ行った。高速道路を降りてからちょっと走るので、実距離よりも遠く感じられたけど、その分「異界の地へと向かう気分」を盛り上げてくれました♪

実感だと園内の広さは「群馬サファリパーク」と同じくらいかなぁ。こちらには「動物エリアの中で車から降りられる場所」は無かったみたいだけど、単にボクが見逃していただけかもしれないなぁ。

サファリパーク2回目なので、昨日よりは冷静に楽しむことができたかも。そのうちの一つが「園内看板」。ライオンエリア、虎エリアなどに、それぞれ「怖いイラスト」が描かれた看板が立っており、「絶対に外に出るなよ」という威圧光線を発しているデザインがかなり良いです。

サファリパークのもう一つの楽しみ方のひとつかも♪

車内で「例の歌」をうたいながら、ゲートをくぐっていく!

このテイストの看板が各エリアごとに立てられている。なかなか渋くてカッコイイでしょ?

クマは怖いんだけど愛嬌も感じられて、一番好きだな。白や黒よりカフェオレっぽい色のヤツが一番好きだ。向こうはボクをどう思っているかは知らんけど。

ふと思ったのだが、象の「耳の穴」ってどこにあるんだろう? 

可愛いんだけど、こいつらだって車にぶつかってきたら、こっちが大破するんだろうなぁ。

キリンの模様は複雑かつ、色合いのコントラストが明確で、理系心をくすぐるということに気が付いた。

群馬にもあったが、園内を回る鉄格子付き・動物エフェクトされたバス。これで回れば、自家用車を大破されるのでは、という心配からは解放される。それぞれ「サングラスをかけた猛獣」っぽくて、なんかイケてる!

2日続けてのサファリパークだったけど、全然飽きない。それどころか、全国のサファリパーク行脚を行ってみたくなりました♪ 凄いぞ、サファリパーク!

全国サファリパークMAP

カテゴリートップに戻る