カテゴリーバナー



山国で生活する農民の知恵から生まれた棚田。それは結果的に美味しいお米を育む農法を生み出すことにも繋がったわけですが、棚田の素晴らしさはそれだけではないのです。
棚田自体の非対称かつ非規則的な配列に、なぜか日本人は自らの美意識をくすぐられてしまうのです。



【非対称・非規則性の美学】



山深いので結構マジ。あとスズメバチも怖いです。



南魚沼 浦佐地方に伝わる『猫面』。和紙でつくった魔よけらしい。

棚田とは、平地が少ない山間部において、斜面を階段状に削り、小さな平地を幾つもつくっていった結果に構築された、非対称かつ非規則的に三次元空間に並んだ水田です。

対象性を重んじる西洋美観とは異なった、日本的美意識をくすぐるこの棚田、まさに“自然と共存する日本文化が偶然生み出した芸術”なんだと思いますよ。海外の人にも是非この美しさを知って欲しいです。

I would like tourists from abroad to know the beauty of Tanada.

この棚田は季節によってその美しさを変えて行くようですね。水が張られ鏡面のように輝く田植え前、稲穂が黄金色に輝く時期、雪化粧で幻想的なシーズン、どれもまだボクは実際に観たことが無いのですが、チャンスがあれば是非見に行きたいです。

Tanada has plenty of beauty every season.

ボクはまだ実際に雪が積もった棚田を見た事が無いのですが、チャンスがあれば是非見に行きたいです。

【棚田で作ったお米は美味い】


棚田は山間の盆地に位置することが大きく、一年を通して寒暖の差が大きいために、米の旨みと甘みが増すらしいのです。

さらに、農家の人にとっても“限られた土地での稲作”であるため、自然と稲作に対する愛情も増し、丁寧に丁寧に育てていく気質が根付いていくとのことです。

さらに斜面であるため、雪解けの清らかな水が淀みなく流れるため、水にも恵まれているのです。

なので、棚田の米は実に美味い! これはもう疑いの余地のない事実なのです。


これは新米の時期にいただいた銀シャリです。


参考サイト: 十日町市 棚田マップ(十日町市観光サイト)
Map of Tanada in Tokamachi Niigata Pref


カテゴリーメニューに戻る

「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。