カテゴリーバナー



徳川5代将軍綱吉の母、桂昌院はもともとは八百屋の娘だったのですが、それが春日局の目にとまり3代将軍家光の側室となり綱吉を生んだのです。

まさに絵に描いたような大出世です。そんな桂昌院が熱心に信仰していた狸=福寿神が『シュタインズゲート』の“柳林神社”のモデルとなった『柳森神社』に現在は祀られています。



【八百屋の娘から将軍の母になった『元祖 玉の輿』が信仰した狸】



神々しいその姿を見よ



肉食系女子の必須アイテム『おたぬき様』

もともと「狸」には「他抜き」つまり「他を抜く」という語呂合わせもあり、立身出世の象徴に用いられる場合が多いのですが、特に柳森神社の狸像は、八百屋の娘から将軍の母親にまで上りつめた桂昌院に信仰されていたという実績も加わり、効果倍増です。出世や玉の輿を狙っているOL達の参拝が後を絶たないのだとか♪

さらに「玉の輿」という言葉も桂昌院が語源であるという説もあります。八百屋の娘時代の桂昌院の元の名前は「お玉」だったらしいのです。そういう意味でこの神社こそ“玉の輿のための神社”と言えるでしょう。

上の写真が桂昌院が崇拝していた福寿社に祀られている狸像=福寿神像らしいです。石の磨り減り具合からもだいぶ年代がかっているように見えますねぇ。

オタクの聖地、秋葉原にある神社に、肉食系女子が参拝するというのは、実に興味深い事象です。

柳森神社では、左下写真の親子の狸像の御守り『おたぬき様』を手に入れることができ、肉食系女子の必須アイテムとなりつつあるようです。(神社の売店は閉まっていることが多いですが、神社向って左手にあるお店で入手できます)

また、この神社には右上写真のように、他の狸の像もいくつかあります。普通、狸の像といえば、大福帳と酒の入った徳利を持ち編み笠を被ったユーモラスなものを想像しますが、さすが狸の聖地、その姿も個性的で神々しいですねぇ。

柳森稲荷神社: 東京都 千代田区 神田須田町 二丁目 25-1
Yanagimori-Inari shrine:25-1 KandaSudacho Chiyoda-ku Tokyo



蒸気機関車にひかれたムジナ

カテゴリーメニューに戻る


平将門の兜が埋められている神社
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。