カテゴリーバナー



将門伝説の文字通り筆頭。東京の証券取引の中心地「兜町」の名称は将門の兜が眠るこの神社が由来となっているのです。

“東京の守護神”であり “関東の風雲児”である平将門の兜を祀った神社の割りには実にヒッソリとした小さな神社が、オフィス街のど真ん中にまだ残っているのが、東京の面白ところだと思いますねぇ。



【東京伝説の王者 将門伝説】



ビルの谷間にほんとチョコンと建てられています



小さいですが清掃の行き届いた神社です

東京における将門伝説では他にも大手町の 「将門の首塚」 や 「神田明神」 が有名ですが、この兜神社は、 天慶三年(940年)2月14日に俵藤太秀郷が平将門の首を打ち取った帰り、 ちょうどこの場所で将門の首から兜が落ちてしまったので兜を埋め塚を築いた、という逸話が発端の 実に由緒正しい神社なのです。

その後、将門の首は京都に送られ五条河原に曝されたのですが、なんと自ら飛んで、東京に舞い戻り首塚や神田明神など、東京のあちこちに将門伝説を残すことになるのです。

そういう意味では、東京における将門伝説はまさにここ兜神社から始まるというわけです。そう考えると、オフィス街の片隅に建てれた小さな神社ですが、なんだか首筋が寒くなるような気配を感じてならないかも。。。



将門伝説あれこれ

※1 東京における将門伝説

事実かどうかは置いておいて。。。

■討伐された後、兜が落ちた場所に塚を作った。 → 兜神社(中央区日本橋兜町)
■将門を討伐した秀郷が祟りを恐れて将門の鎧を祀った。 → 鎧神社(新宿区北新宿)
■京都の五条河原で曝されていた将門の首が胴を求めて東に飛んで落ちた場所。 → 将門首塚(千代田区大手町)
■首を切られた将門の身体が暴れ回り、力尽きて倒れた場所。 → 神田明神(千代田区外神田)
※神田明神のHPによると、もともと首塚にあった神社がこの地に移転されたとのこと。
※将門の身体は茨城県岩井市の延命院に埋められたというのが一般的な説のようだ。
■将門の足が祀られている → 筑土八幡神社(新宿区筑土八幡町)
■将門の肖像画、将門の首を入れていたとする首桶があった。(戦火により焼失) → 筑土神社(千代田区九段下)
■将門の手を祀る、首が飛び越えたという伝説が残る。 → 鳥越神社(台東区鳥越)
※将門は祀られていません。ただし神紋は七曜紋。 (将門ゆかりの一族には七曜、八曜、九曜紋や、馬をモチーフにした紋が多い。)
■将門を祀る、真教上人ゆかりの寺。 → 日輪寺(台東区西浅草)
※首塚にある石塔婆の文字は、日輪寺に現存する真教上人直筆の石版を元にしています。
■将門の幼名に関係する? → 稲荷鬼王神社(新宿区歌舞伎町)
※当社の神主さんから聞いた話では、将門と直接関係あるという言い伝えは無いが、代々この神社の一族の方は成田山へのお参りを禁じられているそうだ。 (成田山は将門調伏の本尊であるため、将門にゆかりのある人は成田山へのお参りは一般には禁じられている。)

などなど、その他にもいくつもあるようだ。 ※2 実は他にも兜神社にまつわる伝説がある

兜神社にはこの“将門の兜が祀られている伝説”以外にも、源義家が後三年の役(永保3年(1083年)から寛治元年(1087年)まで)から凱旋してきた際、東夷鎮定のため、兜を楓川の辺のほとりに埋めた(または出兵する際に、兜をこの兜岩にかけて勝利を祈願した)という伝説が残る。

ちなみに、この後三年の役とは陸奥の国と出羽の国との間で起った清原真衡、家衡、清衡、三兄弟の骨肉の争いに、奥州で勢力を伸ばそうとしていた源義家とが絡んだ5年に渡る戦いで、“右目を射抜かれても戦い続けた鎌倉権五郎景正の魂が宿ったため、厨川(クリヤガワ)には 右目がない魚「片目鰍(メッコカジカ)」 が住むという伝説”(秋田県横手市仙南村の伝説)が残されている。

また、骨肉の争いを最後に制した清衡は後の藤原清衡で、衣川のほとりに拠点を移し、後の平泉藤原三代の基礎を築いたのだ。

※3 五条河原に曝された首が自力で飛んで東京に舞い戻る

五条河原に曝されていた将門の首が胴体をもとめて自ら空を飛び、そして力尽きて落ちたのが現在、三井物産ビルの隣にある首塚のある場所だったという有名な話があるが、このオカルト話の裏には次のような史実があったようだ。

当時の東京一帯は親将門派の江戸氏(秩父平氏の流れを組み、平良文の末裔)によって治められており、現在の大手町は当時、海につながる湿地帯で柴崎村という漁村であり、将門ゆかりの安房国の漁民が漁業の中継基地とする一方、安房国の漁民が多数定住していたらしい。

その江戸氏が朝廷と掛け合い将門の首を貰い受け、それを(将門ゆかりの安房国の漁民が住んでいた)柴崎村に塚を作って祀ったのではないかという説だ。

現在の神田明神も築土神社ももともとはこの旧柴崎村にあったようなので、江戸城はまさに将門ゆかりの地に建てた城といえよう。



今後も将門伝説関連の場所をうろついてみたいと思っています。

兜神社: 東京都 中央区 日本橋兜町
NihonbashiKabutocho Chiyoda-ku Tokyo



肉食系女子ご用達のお狸さま

カテゴリーメニューに戻る


夜中に音をたてる水鉢
「けさらんぱさらん」は「理系おやじ」のための「不思議発見」サイトです。ビワの木に生息する謎の生き物「ケサランパサラン」についての研究論文(笑)も掲載されています。